オススメの純石鹸ベスト5

ヘッダ画像
化粧品の成分の検索など、あなたに合った化粧品の知識を提供します。

肌にやさしいオススメの純石鹸ベスト5

アレッポの石鹸

 

【成分】
石鹸素地(オリーブオイル79%・ローレルオイル9%・苛性ソーダ10%・水2%)

 

アレッポの石鹸ノーマルタイプは、 トルコのアレッポ市で作られた、オリーブオイルとローレルオイルでできた無添加石鹸です。
石鹸素地からのみ作られていて、シリア産のオーガニック・オリーブオイル(無農薬栽培)と、シリア・トルコ(カサブ地方)産のローレルオイル(月桂樹オイル)から作られています。
70%のオレイン酸が含まれているオリーブオイルは、オリーブの実からとれる油で、人の肌の油に良く似ていて、肌にとてもしっくりします。
オレイン酸は不飽和脂肪酸で冷水にも溶けやすく洗浄力に優れています。オレイン酸は脂肪酸のソーダ石鹸の中でも泡立ちがよく泡が長続きし、柔らかくねばりがある石鹸になります。

 

 

オリーブとローレルの石鹸

 

【成分】
石鹸素地(オリーブオイル53% ローレルオイル35% 苛性ソーダ10% 水2% )

 

オリーブオイルとローレルオイルの含有率を変えて、シリア・トルコ(カサブ地方)産のローレルオイル(月桂樹オイル)を約2倍にしています。
ローレルオイルは、肌・頭皮・髪の毛の洗浄に適していて、森林浴をしたかのような香りがし、リラックスできます。
もちろん洗い上がりもサッパリしていて、洗髪にも使うことができ、キューティクルを傷めることなく洗えるうえに自然な艶を演出することもできます。

 

 

無添加石鹸白いせっけん

 

【成分】
石ケン素地

 

食べられるグレードの油脂のみからできた石鹸素地で、油脂が本来もっているうるおいを生かして焚き込み、伝統製法で5日熟成させた本釜焚きの石鹸です。
無添加で肌におだやかで、香料に敏感な方、赤ちゃんの浴用にも使用出来ます。酸素を透過しにくいフィルム・脱酸素剤入りです。
昔ながらのなつかしい香りのする石鹸で、油脂の自然なうるおいが感じられ、突っ張ることもなく、ツルッとした洗い上がりです。

 

 

ねば塾 白雪の詩

 

【成分】
純石けん分(98%、脂肪酸ナトリウム)

 

パーム油・パーム核油のみから中和法によって作られた純石鹸。
パーム油は、ステアリン酸とオレイン酸、パーム核油はラウリン酸を多く含み、じっくりと時間をかけて作られていて、固まる前に何度もお湯をくぐらせ、不純物を洗い落とし、純粋な石鹸分だけを機械練にて無添加で仕上げた真っ白な石鹸になっています。
食器も洗えるので、界面活性剤を使った洗剤を使うと手が荒れてしまう人にもおすすめです。

 

 

サヴォンドマルセイユ オリーブ

 

【成分】
石けん素地

 

マルセイユ石鹸は完全に自然素材100%の原料だけで製造されている旧フランス王室御用達の無添加石鹸。
プロヴァンス地方の良質な天然オリーブ油とパーム油(100%植物性油)、 地中海の海水とマルセイユ塩とバリラ(アルカリ性海藻の灰)で作られています。
肌の引き締め効果と、泡立ちが非常にきめ細かなのが大きな特徴になっています。

 

関連ページ

石鹸の性質と脂肪酸の関係
化粧品の成分の検索など、あなたに合った化粧品の知識を提供します。
石鹸ができるまで
化粧品の成分の検索など、あなたに合った化粧品の知識を提供します。