処方箋医薬品以外の医療用医薬品とは

通常、病院やクリニックに行くと処方箋をもらい、それを調剤薬局へもっていくと薬が処方されます。
一般に、セルフメディケーションに使われるOTC医薬品ではなく、病院やクリニックで医者が処方されて出される薬は、医療に使われるという意味で、OTC医薬品とは区別して「医療用医薬品」という呼ばれ方をしたりします。

それじゃ、医療用医薬品は、「処方箋医薬品」と同じであるかというと、必ずしもそうではありません。
つまり、医療用医薬品でありながら、処方箋医薬品に指定されていない医薬品があります・

えええっ!? 医療用医薬品というのは、医師の指示や処方箋によって使用されるものじゃなかったの?

医療用医薬品は全てが処方箋医薬品じゃなかったの?

ごもっともです! 普通、そう思いますよね。
全くもって正論です。

ところが医療用医薬品の中には、OTC医薬品と同じ成分の医薬品がたくさんあります。
多くのビタミン剤、さらには胃腸薬、OTC医薬品として名前がよく知られているアスピリンなんかも、医療用医薬品としても使われますし、OTC医薬品としても利用されています。

成分での話をすると、OTC医薬品でも使われていたり、ビタミン剤などの成分を処方箋がないとダメというのはいかがなものなのかということで、医療用医薬品は医療用医薬品でも、特に薬理作用が強いものや、副作用について注意が必要なもの、使用方法が一般人では難しく理解しにくい、医師の診断や治療が不可欠な疾患に対して使う医薬品などを「処方箋医薬品」としたわけです。

言い換えれば、医療用医薬品のうち、特に有効性・安全性のことを考えた場合、医師による処方箋による管理下にしたほうが良いと判断されるものについて、処方箋医薬品という形で指定されるようになりました。

処方箋医薬品となる場合、ならない場合

それじゃ、どのような医薬品が処方箋医薬品になるかというと、いくつかあげられますが、医師等の診断に基づいて治療方針が検討されて、耐性菌が生じやすかったり使用法が難しいといったもので患者に安全かつ有効に使用させなければいけないもの、重篤な副作用等のおそれがあり、患者の状態把握が必要とされるもの、興奮作用や依存性があり、本来の目的以外に使用されるおそれがあるもの、その他放射性医薬品、麻薬、向精神薬、特定生物由来製品、注射剤、覚せい剤、覚せい剤原料といったものが、処方箋医薬品であるえきとされています。

そして、ビタミン剤等のように、医療用医薬品ではあって、本来は処方箋によって交付されるものであっても、作用が緩和なものについては、処方箋薬品には指定されていません。