処方薬の値段ってみんな同じ?

市販の薬は、ドラッグストアで値段が変わってきます。チェーンドラッグストアの中でも、調剤に力を入れようという方針のところもあれば、ディスカウントに力を入れているところもあり、市販薬の場合は、同じ薬を買うとしても店によって値段が違います。
市販の一般用医薬品は、他の品物と同様に原価があり、メーカーの希望小売価格があり、そこに店が利益分を上乗せして値段を決めています。

それでは、病院で処方箋が出され、調剤薬局で調剤してもらう処方箋薬はどうなのでしょうか。これはドラッグストアで買う市販薬とは違い、そのほとんどが健康保険を使う保険調剤になっています。そして処方瀬される保険薬の値段は薬価として一律に決められています。

つまり、全く同じ製品なら、薬の値段はどこでも同じということになります。

010

同じ処方箋でも値段が違うことがある?

結論から言うと、同じ処方箋を持って行っても、その処方箋を持っていく調剤薬局によって、支払わなければいけない金額が変わってきます。

いやいや、調剤薬局で調剤してもらうお薬の値段が同じだっていうけど、結果的に支払った金額が違うことがあったよということを経験している方もいるかもしれません。これは、実は薬局で支払う金額は、

薬局で支払う金額 = (薬剤料(薬代)+調剤技術料+薬学管理料+医療材料料)×自己負担

となります。

この中で薬剤料は薬価で決まっているので同じです。

実は、この中で、薬局によって請求額が違ってくる一番の原因は調剤技術料になります。
調剤薬局で薬を調剤してもらうと、請求書をもらうかと思いますが、この請求書も内訳を見てみると、この調剤技術料が違っています。
調剤技術料には、薬局の規模や形態によって変わってくる調剤基本料とサービスによって変わってくる調剤料があります。

安い調剤薬局の特徴は?

まあ、実際にはそれほど金額的には差がありませんが、塵も積もれば山となるというものです。

調剤技術料は、大病院のすぐそばにある、薬剤師のたくさんいる薬局は、安い傾向があります。もし処方箋をもらってなるべく安く調剤してもらおうとするならば、こうした薬局を狙うと良いかもしれません。薬剤師が多く1つの病院からの受け取る処方箋が集中している薬局や医薬品の備蓄している種類が少ない薬局、つまり特定のクリニックの門前にあり、そのクリニックで処方される薬を中心に取り扱ってる薬の種類が少ない薬局では安くなります。

これは、国が面分業を進めようとするため、大病院やクリニックの面前にあり薬の種類が少ない薬局の技術料を下げるという方針を打ち出しているからです。

また後発医薬品(ジェネリック医薬品)を調剤する割合によっても変わってきます。

確認しておきたい、調剤明細書

薬局に行ってお薬を処方してもらうと、領収証の他に調剤明細書をくれます。調剤明細書には、実際に調剤した内容が記載されています。この中で調剤基本料(大病院のすぐそばで薬剤師のたくさんいるところは安い傾向)、基準調剤加算(備蓄されている医薬品の品目数が多く設備が整っていると高くなる)、後発医薬品調剤体制加算(後発品を処方している割合が多いと高くなる)の3つが同じ処方・条件でも請求額が変わってくる大きな原因になっています。

調剤明細書の読み方は、紙に記載されている点数は、1点10円で計算されます。つまり40点ならば金額に換算すると40点×10 = 400円となります。そして3割負担の場合、400円×3割=120円ということで、120円請求されることになります。
ただ、薬価や調剤報酬はよく変更されているので、細かい点数などは改訂されたりしますので注意が必要です。