目の周りは、その人の健康状態や環境をよく表すとも言われています。

♪ 昨夜眠れずに 泣いていたんだろ 彼からの電話 待ち続けて~

と始まる浜田省吾さんの「もうひとつの土曜日」という名曲があります。

そしてこの出だしの部分に続いて、こんなフレーズがきます。

♪ テーブルの向こうで君は笑うけど 瞳縁取る悲しみの影~

目の周りを見れば、いくら表情で隠しても、何があったかバレてしまっているよということでしょう。

自然と目に入ってきてしまう目の周り

浜田省吾さんの歌にもあるように、目の周りは非常に疲れなどが出やすい部分であり、この部分に疲れが見えると老け顔に見えてしまいます。

さらに、私たちが会話をするときは相手の目を見て話しますが、そうすると必然的に目の周りには視線が行ってしまいます。

 

やはり気になるクマには、3種類ある

目の周りに視線が集まるということで美容上で気になるのが目の下にできるクマでしょう。

男眼鏡左みどり

実は、クマには3種類あるんです。


女ポニテ右ピンク

私、それ知ってるぅ~!


男眼鏡左みどり

さすが、美容に気をつかってるだけあって、物知りですね。ちなみに、行ってみてください。


女ポニテ右ピンク

ツキノワグマ、ヒグマ、アライグマ! すごいでしょ?


TORAさん

それを言っちゃ~ おしまいよ!

女ポニテ右ピンク

えっ!? 違うの?


男眼鏡左みどり

正解は、青ぐま、黒ぐま、茶ぐまの3種類です。

まずは、簡単に説明してみます。

あなたの目の下にあるくまは、どのタイプのくま?

まず、クマができている部分の皮膚を少し指で引っ張ってみてください。
もし、引っ張っても薄くならないのであれば、『茶ぐま』です。
上を向いたりすると薄くなるのは『黒ぐま』、指で引っ張ると完全に消えないまでもうすくなるのが『青ぐま』です。

茶ぐま

原因は、色素沈着です。
目をこすったりする目の刺激によって色素沈着を起こすとともに、角質が厚くなって茶色っぽく見えます。

黒ぐま

下まぶたのひつが老化してたるみ、そのたるみの影によって黒っぽくみえるものです。
たるみなので、上を向いたりすると薄く見えたりするのが特徴です。

青ぐま

下まぶたの血流が悪くなることが原因を起こります。
寝不足や疲れ・冷えなどによって血流が滞った下まぶたの静脈が青黒く透けて見えるものです。

なぜ青ぐまはできるのか

男ショート右あお

徹夜したのかい? 目の下にクマができてるよ。


女眼鏡左きいろ

あなた疲れてるの? 目の下にクマができているわよ。

こういった時のクマは、まさに青グマになります。

顔の肌はデリケートだと言われていますが、特に目の周りやまぶたの皮膚は、周りの肌に比べてとても薄く、肌の下にある血管の色が見えやすい場所です。
その厚さは、約0.6mmとも言われています。

普通の血液は、赤血球の中にヘモグロビンがあるため、綺麗な赤色をしています。
しかし、疲労がたまっていたり、睡眠不足をしていたり、ストレスがあると血行が悪くなってしまいます。

すると、血液中の酸素が不足してしまい、ヘモグロビンは暗い赤色になってしまいます。
それが、皮膚の薄い目の下の部分を通して透けて見え、青く黒ずんでみえるというのが、青ぐまの正体なのです。

ストレスをうまく発散し、十分睡眠をとることは大切であることは言うまでもなく、さらに目の疲れを癒やして視神経の働きを強化してくれるビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12の摂取がお奨めです。