敏感肌で悩んでいる方も多いかと思いますが、敏感肌は肌の表面だけでなく、体の内部に問題があり、それが影響しているということもあります。

もちろん、化粧品などで外部からの肌ケアは大切ですが、最近では、ホリスティックビューティと言って、体の内側からも気を遣うという考え方が当たり前になっています。

敏感肌とホリスティックビューティ

敏感肌は、肌のバリアを守るために、肌につける化粧品について気を遣ったりしますが、食べ物や生活習慣の乱れによっても肌はあれやすくなるので、こうした食習慣、生活習慣といった習慣についても見直す必要があります。

敏感肌の人は、もっと積極的にビタミンを

ビタミンの多くは、肌の健康維持に役立ちます。

特に、ビタミンB2やビタミンB6、ビタミンC、ナイアシンなどは、肌の健康に欠かせません。

ビタミンCは、コラーゲンの生成を助けて肌の老化を防ぎますし、ビタミンAは傷ついた肌の再生を助け、皮膚や粘膜の健康に重要な役割を果たしています。

ビタミンをもっと積極的に摂るというと、生野菜を沢山摂らなくちゃと考える人も多いかと思いますが、生野菜の場合、熱に弱く水に溶け出しやすいビタミンCは、摂り方の工夫も重要になってきます。

ビタミンCについて言うならば、生のレタスを食べるようりも、茹でたブロッコリーを食べるほうが効率よくビタミンCが摂れると言われています。

敏感肌の人が控えたほうが良い炭水化物と脂肪

炭水化物と脂肪、おいしいものの組み合わせですが、ついつい脂っこいお肉や、パスタやラーメンといったものは、大好きな人だと食べ過ぎてしまうということもあるでしょう。
特に食欲が旺盛な方は、一食にラーメン&ライスといった形でダブルで炭水化物を多く食べたりしますが、こういった食べ方をしていると栄養バランスが悪くなります。
炭水化物や脂っこいものが好きな人は、炭水化物だけ、脂質だけを摂取しがちで、栄養バランスが摂りにくい食材であるとも言えます。

小麦やライ麦、大麦などに含まれているタンパク質の一種にグルテンがありますが、このグルテンはアレルギーを引き起こす可能性があり、米国などではグルテンフリーの食品も注目を集めています。

敏感肌の人は冷たいものにも気をつけて

暑くなってくると口にしたいのが冷たい食べ物ですが、冷たい食べ物は、体を冷やし血行を悪くするために、肌のターンオーバーが悪くなり、肌に必要な栄養が届きにくくなり、それが乾燥肌などにつながったりすることも十分考えられます。

敏感肌の人は、特にいたずらに冷たい物を食べ過ぎて体を冷やさないほうが肌にも良いと言えます。