人間は、生後半年ごろから乳歯が生え始めます。
乳歯は上下合わせて全部で20本になります。

6歳ごろから生えてくる永久歯

人間の永久歯は、6歳ごろから生え始めてきて全部で28本になり、親知らずを入れると全部で32本の歯になります。

 

歯をみがかない子供に、「歯を磨かないと虫歯になっちゃうよ」といっても、「いいもん、どうせ生え替わって永久歯になるんだから」といったような返事が返ってくるという笑い話もありますが、乳歯が永久歯に生え替わるのは、小さい子供のころ虫歯になっても、それをなかったことにするためではありません。

アゴの成長に合わせて増えていく奥歯

子供の時は顎の骨が小さく、そのため乳歯で問題がないのですが、子供の成長期に乳歯のままでいると、歯がアゴの成長に追いつけなくなってしまいます。
そのために、乳歯よりも大きな永久歯が生えてきて、歯の数も20本から上下左右2本、親知らずを含めると上下3本ずつ、永久歯がアゴの成長とともに、歯の奥に増えるという形になっています。

どうやって乳歯から永久歯に生え替わるのか

永久歯は、乳歯の歯茎の下の部分に、スタンバイされた形になっていて、乳歯の歯根を溶かして上に上がってきます。

歯根が溶かされた乳歯は、アゴの骨の支えがなくなり抜け落ちていきますが、乳歯が抜けるまえにぐらぐらしてくるのは、この乳歯の歯根部分が溶かされて安定性がなくなってきているからです。

人間の歯は、乳歯から永久歯と1回しか生え替わらない

人間の歯は、乳歯から永久歯になるときに1回しか生え替わりません。
虫歯になってしまったりすると、もう1回生えてきてくれないかなと思ったことがある人もいるかもしれませんが、残念ながら1回しか生えてきません。
しかし、同じ哺乳類の中には、何回か歯が生え替わる動物がいるのです。

ゾウの歯は一生のうちに6回生え替わる

ゾウの歯は大きな臼歯が上下左右に1本ずつの計4本あります。

ゾウの歯はどうなっているかというと、大きな大人の靴底のような形をしており、かみ合う面はギザギザ模様になっています。

ゾウの寿命は、60年~70年と言われていますが、その生涯のうち歯が6回生え替わると言われています。

しかし、生え替わりかたは、乳歯を溶かして永久歯があがってくる人間とは違います。

ゾウの歯は水平交換という形で、歯がすり減ると後ろの歯がすり減って分だけ古い歯を押し出して、生え替わっていきます。

リスの歯

リスは硬いドングリやクルミなどの木の実を食べますが、前歯の裏側にはエナメル質がないため、早く減り、その結果、歯がノミの刃のようになり、するどくなります。

エナメル質がなく、どんどん削られていってしまうと、歯がすり減ってなくなり、木の実が食べれなくなってしまうのではと心配になりますが、実は、りすの歯は放っておくと1年に約20cm伸びるようになっていると言われています。

他の歯は、伸びることはなく、歳とともにすり減っていきます。

同じ哺乳類でもずいぶん歯の生え方は違うものです。