ランナーズハイという言葉は、マラソンをやっている人じゃなくても聞いたことがあるのではないでしょうか。

ランナーズハイはよく聞く言葉ですが、ランナーズハイと似たような言葉として、セカンドウインドという言葉があります。

女眼鏡左きいろ

ランナーズハイとセカンドウインド、いったいどう違うのでしょうか。

ランナーズハイになると

実際には、マラソンなどでスピードを競っている競技の中でランナーズハイになるということはありませんが、競技ペースではなく、普通にランニングをしていると、あるところからふと苦しさがなくなり、すごく気持ちよくなり、強い快感や幸福感が得られるようです。
そして、いつまでも走り続けていられろうな感覚になります。
これがランナーズハイを経験した人の多くが語っている感想です。

ランナーズハイを経験したことがない人は、そんな苦しいだけなんじゃないのとか、信じられないと思うかもしれませんが、実際にこうしたことが多くのランナーで起きています。
それでは、どうしてランナーズハイというような現象が起きるのでしょうか。

ランナーズハイの正体は、脳内麻薬

長距離を走っていると、体には強い負荷がかかってきます。そうすると、脳にはエンドルフィンと呼ばれる脳内麻薬物質がつくられてきます。
このエンドルフィンという物質は、脳内麻薬と言われるとおり、高揚感を出したり、鎮痛作用を持ったりしています。

長距離を走っていると、強い負荷がかかり続けているわけですが、それが体の限界に近いほどの苦痛になっていくのを防ぐために、強い負荷を感じルと脳が自主的にこの脳内麻薬であるエンドルフィンを大量に作り出して、苦痛を緩和させようとしている状態、これがランナーズハイです。

ランナーズハイと誤解しやすいセカンドウインド

マラソンをやったり、長距離走をした人があるならば経験があると思いますが、走り出して始めのうちは、苦しくなってきます。

マラソンのレースなんかにでて、スタートして1kmも走っていないのに、あー、走らなければ良かったなんて思うことがあるのも、このためです。

走り始めは、走りだすことによって負荷がどんどん増していき、これに十分な酸素供給が追いつかないことから、苦しく感じたりします。

しかし、少し走っていると、人によっても違いますが、大体5~10分ぐらい走っていると、次第に身体が慣れてきて酸素の需要と供給のバランスが安定し、それとともに血圧や心拍数も安定してきて身体が楽に感じられるようになります。

これをランナーズハイと勘違いする人もいるようですが、この状態は、セカンドウインドと呼ばれていて、呼吸や心拍数が慣れることによって起こるもので、エンドルフィンを原因とするものとは違いますので、ランナーズハイとは異なる状態のものです。

確かに、セカンドウインドでも、すがすがしくていい気分になりますし、「あれ? 走るのって意外と楽じゃん。この調子ならいくらでも走り続けられそうな気がする」と感じルでしょう。

セカンドウインドはだいたい走り始めてから5~10分ぐらいで、ランナーズハイは、走り始めてからだいたい30分ぐらいで感じる人が多いようです。