勉強は、自分の記憶力を知ることからはじめる

勉強において、テキストを記憶していくにあたり、記憶力というものは大切になってきます。
そして、記憶を確かなものにするために、何回も何回も繰り返して覚えていくことになります。

しかし、記憶は忘れかけたころに繰り返すのがよく、完璧に忘れてしまってから覚えなおすのであれば非効率的ですし、逆にしょちゅう繰り返していてはそれは時間のムダになってしまいます。

そこで、自分の記憶力はいったいどのぐらいなのかということを知っておくことが大切なのです。

女ポニテ右ピンク


いったい反復、反復っていうけど、何回繰り返せばいいのかな。
できれば効率的に覚えられる反復回数がわかればありがたいんだけど・・・


男眼鏡左みどり

実は、反復の回数は、ひとによって違い個人差がありますので、何回ということは明確には言えません。
長期記憶にするために、5回繰り返せば良いと言う人もいるでしょうし、10回繰り返さないとダメという人もいて、個人差があるのです。
自分に適した反復回数を知ることが大切なのです。

知らない英単語や外国語でテストしてみる

記憶力をみるのに、自分がよく知っているものであれば、すでに頭に入っているので参考になりません。
全く新しいことでも、何回か繰り返して覚えていけば、例えば、最初は10個の単語のうち5個しか覚えられなくても、繰り返し覚えていくうちに、6個覚えられるようになり、7個覚えられるようになり、最終的には10個覚えられるようになります。

だからこそ、素の状態、まったく白紙のものを覚えて記憶力をみることが大切なのです。

まずは、自分が知らない単語、今まで覚えたことがないのは当然、見たこともない英単語を10個選びます。
そして、そのはじめてみる英単語を暗記してみます。

そして、その後、その10個の英単語の書き取りをして、いくつ覚えているかをチェックします。
10分後、1時間後、翌日、1週間後チェックをしてみて、10個のうち何個覚えていたかをチェックするのです。

次に、自分のまったく知らない英単語を別に10個用意して、その10個を3回書き取りをして暗記し、同じように10分後、1時間後、翌日、1週間後チェックをしてみて、10個のうち何個覚えていたかをチェックするのです。

そして、5回書き取りをした場合、7回書き取りをした場合もチェックしてみます。

長期記憶に移行するのに必要な反復回数を調べる

これで、自分が何回繰り返せば、忘れないのかがつかめますので、大切なことを忘れないためには自分は何回繰り返せばいいのかわかるようになり、それを参考に勉強を進めていくことができます。

つまり、何回繰り返したが、長期記憶に移行するのかを知っておくことで、勉強の計画を効率よく立てることができるようになります。
自分は何回繰り返せば、短期記憶が長期記憶になっていくのかということを見つけることは、非常に有効なことです。