IQが高いとされる天才、何か特別な勉強法でもあるのでしょうか?

さて、世の中で天才といわれると、どんな人を思い出すでしょうか?
アインシュタイン?
エジソン?
・・・

あるいは、記憶力が良くなりたいと思っている人は、記憶術の大家のようになりたいと思っているかもしれません。

発明王と言われたエジソンは、学校の勉強が振るわず小学校を退学させられたという話は、伝記などでも出てきていて有名な話です。一説にはエジソンはLD(学習障害)ADHD(注意欠陥多動性障害)であったともいわれています。
記憶術の大家であり、巷にある記憶術の多くが、その根本的な考えや基礎を応用したものとも言われている、渡辺剛彰氏は少年のころ学校の成績はブービーメーカー(ビリから2番目)だったと、自身が書いた著書の中で述べています。

世界的な物理学・数学者であり天才とされたアインシュタインは、確かに学校の成績は良かったようですが、学校嫌いで一人で数学の勉強をしていたといわれています。

一方、医学的には人間の脳の大きさは、小さい人と大きい人では1.5倍も違わないそうで、天才の優秀な頭脳と、一般の凡人が持っている頭脳は同じ仕組みであり、大差はありません。

 

実は、優秀な頭脳と、普通の頭脳の違いというのは、科学的なトレーニングをピンポイントで繰り返しているかどうかという所にあります。

ただ、一般の人は、そのトレーニング方法を知らないだけの違いです。

IQを上げたい、天才の勉強方法を知りたい、素晴らしい記憶力を手に入れたい ・・・・

なぜこう思うのかというと、

スラスラと英単語を覚えることで、TOEICで高得点を取り、認められたい。
難しい用語もしっかり覚え、難しい国家試験や資格試験をパスしたい。
常に学校でいい成績を残したい。

人それぞれだと思いますが、いずれにしろ、IQが上がり、頭が良くなると、あらゆるスキルが自由に身につけられるようになります。
そうなれば、自分に自身がもてるようになり、不安もなくなり毎日が楽しくなってきます。

 

まず、大切なのは、成功した人の共通点である、あることをすべきです。

 

それは、うまくいかなかった時のことは忘れて、うまくいった時、または成功している自分の姿をイメージすることです。

なんだ、イメージか! と思うかもしれませんが、これは非常に大切なことです。

 

003

そして、勉強の前に、物事を覚えるための環境を作り出すことが大切です。

そのために、頭を良くするトレーニングがあります。

頭のトレーニングをやってから勉強に取り組むと、本を読むスピードは速くなり、理解度がアップし、目に入ったいろいろな事項が、水がスポンジに染み込んでいくように頭の中に入っていきます。

この頭のトレーニングをやるのとやらないのでは雲泥の差ができてしまいます。勉強の前、ほんの数分、このトレーニングをやることで、同じ勉強時間でも、何倍もの勉強をすることができるのです。

その方法とは、

1日の勉強で覚えられる量が数十倍になる!?

天才脳開発パーフェクトブレイン