『頭の良さは、脳の大きさに比例します。』
こういうとあなたは、どう思うでしょうか。

ウッソだぁ~ そんなこといったら知能がバレバレやん!
そんなはず、あるわけないよ!

そもそも、そんなことをいったら、ゾウやシロナガスクジラのほうが人間より頭が良いっていうことになっちゃうじゃないか!

現代人よりも原始人のほうが脳が重い

もう一つ興味があることに、原始人であるネアンデルタール人と、現代人の脳の重量を比較した場合、ネアンデルタール人のほうが現代人の脳よりも重いということがわかっています。
まあ、常識的に考えて、ネアンデルタール人と現代人、どちらが高い知能を持っているかを考えたときに、現代人とするのが大方の見方でしょう。

一般的には、進化していく過程で高等とされる動物の脳は大きくなっていて、魚類やカエルなどの両生類などでは脳は小さくなっています。
しかし、ただ単に脳の大きさや重量では頭の良さは決められないということになります。

IQの高さと脳の大きさ・重量が関係ないとすると体重比?

脳の大きさや重量だとすると、ゾウやクジラの方が人間より知能が高いということになってしまいます。
それじゃ、体重に対する脳の割合と知能が比例するのではないかという仮説がたちます。

ヒトの脳の重さは総体重の1/38になります。
これがゾウでは1/500、クジラでは1/2500となります。
ところが、体重に対する脳の比率を考えるとネズミは1/28となり、人間よりも体重に占める脳の比率が大きくなってしまいます。

新たなIQの高さと体重の関係を示す、スケーリングとは

いろいろ調べていくうちに、アメリカのアリゾナ大学のキャルダー博士が、『スケーリング』と言われる関係式を導き出しました。
これは、「脳重量は体重の0.75乗に比例する」というものです。
ほとんどの動物が、このスケーリングの関係式にあてはまります。

しかし、唯一、このスケーリングの関係式に当てはならない動物がありました。
それが、ヒトです。
ヒトの脳はスケーリングの関係式からはずれ、重い側にはずれています。つまりヒトは他の動物に比べ、例外的に大きな脳を持っていることになります。

ヒト同士だと、脳が大きい人ほどIQが高いのか?

ヒトと他の動物との比較はわかったが、それではヒト同士ではどうなのであろうか。
やっぱり脳が大きい人のほうが知能が高いのだろうか。
米国のカリフォルニア大学のナール博士は、脳の大きさはわずかな傾向だが、IQの高さと関係しているという報告をしています。

大脳皮質が厚ければ厚いほどIQが高いという結論を出していて、その中でも前頭前野と後側頭葉が決め手になっていると結論づけています。

つまり脳を見れば、その人の知能がだいたいわかってしまうということになってしまいます。
しかし、大脳皮質が厚くてもIQが高くない人もいて、個人差が大きいこともわかっています。

結局は、傾向はみられるものの、個人差が大きいということなのであろう。