ICU・ER

ヘッダ画像
ICU・ERに関連した書籍について紹介しています。

ICU・ER関連


大ベストセラー『ICU 実践ハンドブック』の姉妹書.
walk-in から重症外傷までを診療する総合的な教育病院の救急部門(ER)を主たる読者としては初期研修医以上、専門医未満の若手医師を想定して編集されています。

 第1章 : 主要症候へのアプローチ
 第2章 : 主たる病態のマネジメントとして実際の病態
 第3章 : 各科の緊急疾患
 第4章 : 整形外科的疾患・外傷
 第5章 : 小児
 第6章 : ER診療の基本
 第7章 : 救急診療の周辺
 第8章 : 災害医療
 第9章 : 手技・検査
 第10章: ERの頻用薬剤

 


ICUにおける診断・治療,患者管理のための臨床マニュアル.具体的なコントロール目標値,薬剤投与量など現場ですぐに使える情報と,ガイドラインほか現時点でのエビデンスを交えた解説で実践の指針を簡潔に示しています。
第1章 : 呼吸管理のアプローチ
第2章 : 循環管理のアプローチ
第3章 : 鎮静・鎮痛管理のアプローチ
第4章 : 意識レベル管理のアプローチ
第5章 : 輸血管理のアプローチ
第6章 : 術後管理のアプローチ
第7章 : 体温管理のアプローチ
第8章 : 栄養管理のアプローチ
第9章 : 感染管理のアプローチ
第10章: ICUに共通の問題
第11章: ICU特有の病態
第12章: 外傷