化粧品関連の本

ヘッダ画像
薬に関する本、健康や美容に関連する本、化粧品やサプリに関する本を紹介します。

化粧品関連の本

コスメティックQ&A事典―化粧品のすべてがわかる

 

現在は数多くの美容情報を簡単に入手できますが、それは玉石混合で誤解や偏見も多く見られます。
美容・化粧品に関係している人に向けた専門書としても利用できる充実した内容で、一般の方にもQ&A形式で、日頃もっている化粧品に関する疑問にわかりやすく答えた一冊になっています。

 

 

消費者の立場にたった生活関連の編集企画に携わる著者が、資生堂をはじめとする化粧品会社や厚生労働省などを地道に取材して作成した一冊。
肌を清潔に、すこやかに保ちたい。安心して化粧を楽しみたい。そんな人の肌や髪の悩みに答える、333の化粧品成分をとりあげた事典。化粧品用語も解説。コスメ選びの実用本で化粧品選びが変わる、肌も変わります。

 

化粧品成分ガイド 第6版

 

化粧品は正しく理解して、正しく使うことで効果を最大限に発揮することができます。成分解説、美容のためのQ&Aを中心に充実した内容になっています。
化粧品の一般知識(化粧品・医薬部外品と薬事法、化粧品・医薬部外品の成分・処方・製造、化粧品の正しい選び方と使い方についてしっかりと記載されています。
さらに化粧品成分ガイド(成分の名称、由来・組成・特性、配合される製品、注意点などについて584成分について詳細に記載しています。
くわえて 「美容と化粧品のなぜ?なに?」として化粧品の125のQ&Aが収載されています。

 

基礎から応用までよくわかる! 化粧品ハンドブック

 

化粧品や化粧品業界の概要や法規制などをく解説。
化粧品の「効能・効果」「原料を用いた製剤化」「危害事例や禁止成分」などの実務に役立つ基礎的な知識もわかりやすく記載した便利なハンドブック。
直接塗布する皮膚の基礎知識や美白・シワ等についてわかりやすい説明し、化粧品関連業務従事者はもちろん、現場での販売や今後参入する方の学習用に、新人や継続の研修などにお奨めの一冊になっています。

 

化粧品有効成分ハンドブック

 

化粧品に使用されている多くの成分の中から、使用頻度の多い130成分についてより詳細かつ専門的な解説しています。
内容もわかりやすい表現になっていて、一般の方はもちろん、化粧品・美容関係者の方の販売やカウンセリングのツールとしてもお勧めの一冊です。

 

化粧品成分用語事典

 

現在、化粧品に使われている主要原料、そして注目されている新成分について用語別にわかりやすく解説いたします。
「化粧品成分用語事典」の第6版にあたる本書ですが、掲載されている成分の数は数多く、他の書籍で見つけることができない成分の簡単な説明や本質を知りたいという方にはイチオシの本になります。

 

 

一般の方が化粧品の製品に記載されている成分や専門用語について理解が深められるように助ける目的で、化粧品のラベルの裏に秘められた法則や科学的知識が理解できるよう、そして正しい情報を得ることで、それに基づいた選択ができるようサポートするための本です。
化粧品のめーけティングのこと、着色料や香料、保存料のこと、スキンケアやヘアケア製品とその成分について、日光と肌、副作用について記載されていて、巻末には1079成分の索引もあります。