記憶力チャンピオンの記憶

ヘッダ画像
学習における記憶の仕方などを紹介していきます。

内 容

日本の、世界の、記憶力チャンピオンが語る、記憶力アップの秘訣とは

ためしてガッテンで、能力アップについて放送をしていました。

覚えられなくなった・・・ でもあきらめなくてもいい 魔法の呪文とは?

脳の奥にある細胞が大活躍!
 たった1度見ただけで、1時間たった後でも
  東大生 vs 平均68才 のガチンコ対決はいかに・・・

 

記憶力の元世界チャンピオンが出てきて、脳が若返る究極技
  記憶力が東大生並!?  能力アップの新鉄則!
   記憶力が良い食堂のおばさんも登場!
    なんといくつもの注文を間違いなく1度に覚えていた。

 

・・・ なんとここまでずいぶんと、ひっぱるなwww

東大生 VS 平均68歳のウクレレおばさん・おじさんの結果

さて、お待たせ
  東大クイズ研究会メンバーと平均年齢68才のウクレレおばさん・おじさん
  単語のテストで対決!
    ただし、68才のグループには、ある魔法の呪文が唱えられていた
     結果、68才のグループのほうが、東大生に10ポイントもの差をつけて勝利

 

東大生に勝った、記憶のための魔法の呪文とは

 その魔法の呪文とは ⇒ 「心理学テストです」
     う~ん こうすることでみんな興味をもって覚えられるんだろうな・・・

 

実際にアメリカの大学でも同じようなテストが18~22才のグループと、60~74才のグループで行われている。
普通にテストすると、18~22才のグループは48点、60~74才のグループは29点であったが、魔法の呪文「心理学テストです」と言われてだけで、18~22才のグループが49点であったのに対し、60~74才のグループは50点と大幅に成績がアップしています。

 

ここでいいたいのは、要するに 『覚えられないというネガティブになっているのはダメ』ということで
加齢で記憶力が落ちるというのは思い込みだけで、加齢で記憶力は落ちていないという海外の論文もあります。

 

そこで、先ほど東大生に勝利した平均年齢68才のグループのおじさん・おばさんに20品目ほどの買い物リストを見てもらい、その後、リストなしで買い物をしてもらった。
結果は、正解は半分程度。

覚える力、思い出す力

実は、記憶力には2通りあり、それは、「覚える力」と「思い出す力」
覚える力は、年齢によって、そんなに衰えていない。

 

ここで、記憶力の横綱級 怒濤の記憶力として、池田義博氏が登場。
2013年記憶力日本選手権チャンピオンになられた方です。

 

ローズブラウンという人の名前を覚えるのに、茶色の薔薇をくわえてダンス というように覚えていました。
そして、実技として、2分程度でシャッフルされた52枚のカードを順番に言い当てるというようなパフォーマンスを披露していました。

 

脳の研究をしている定藤教授により、池田氏が3桁の数字を記憶しているときの脳の状態を、MRIにより脳内血流量などを測定することにより、脳が活発に活動しているところをみていました。

 

そして海馬が活発に動いていることが証明されました。

記憶のカギを握る海馬の秘密

実は、この海馬には『場所細胞 (place cell)』という細胞があり、これが記憶力を良くする働きがあるといいます。
場所細胞の特定としては、脳の海馬にあり、場所を正確に記憶する細胞です。
よく、自動車を運転していて、1回しか行ったことがないのに、なんとなく道順を覚えていて、運転していて分岐点にくると、たしかここでは右にいったよなというように、結構位置記憶は、記憶に残っているものです。
生物は、エサのある所、天敵がいる所などの位置を覚えることは、生きていくために必須不可欠のものです。
そして、場所細胞は、その場所にいくと勝手に思い出してくれるものです。
自分の良く知るルート上の場所に記憶したい物を置くというのは有用な記憶法です。

 

海外でタクシー運転手の後部海馬(ここは、場所細胞がいっぱいある所)は、勤続年数に伴い体積が増えていたとの研究報告があります。
いろいろな道を通るうちに、記憶というか経験が積み重なっていったものかもしれません。

 

さらに番組の後半では、場所細胞を鍛え、脳全体のおとろえも防ぐということで、世界記憶力選手権のチャンピオンにも取材をしていた。
世界記憶力選手権チャンピオンは、ドイツの52才 グンター・カールステン氏
記憶力は、60才、70才、80才になっても、若者と競争できるものであるとしている。

 

なんとこの世界チャンピオンは、52枚のランダムに並べられたトランプカードを46秒で記憶してしまうらしい。

 

場所細胞もいいのですが、脳全体を鍛える脳トレもやっているそうです。

脳トレにいいのは何?

ここで問題

 

脳トレにいいのは次のうちどれか?
 ① ジャグリング
 ② 甘い物を食べる
 ③ 睡眠学習
 ④ サイクリング

 

答えは、サイクリングで、その理由は、記憶力を鍛えるのには有酸素運動が有効というところです。
有酸素運動ということで、サイクリングの他、ジョギングも良いということです。
この有酸素運動こそが一番大事で、世界チャンピオンは記憶トレーニングの半分を運動にあてていると言っています。
有酸素運動は、海馬で新しい細胞を生み出すのにも効果があります。

 

有酸素運動をしていないと、海馬の体積が減ってしまいますが、有酸素運動を1年間行った結果、海馬の体積が4.9cm3から5.0cm3に増えていたそうです。

 

週3回の有酸素運動で、認知症のリスクを半分程度減らせるとしています。

まとめ