脳活性戦隊! 賢脳ファイブ

ヘッダ画像
勉強法や記憶術について、いろいろな情報を紹介していきます。

脳活性化戦隊 賢脳ファイブ メンバーのご紹介

いつまでも、しっかりとした頭脳を保つことは人間に切なる願いです。
特に超高齢化社会になってきたとき、いつまでもしっかりとしていたいものです。脳トレブーム等もこうした人間の願いから起こっているものだと思います。そして脳を活性化させることは、いつまでも賢脳を保つために有用なことです。
人間の脳には、賢脳のために脳を活性化するスイッチのようなものがあります。そしてそのスイッチは脳の神経節であり、それぞれの働きによって違っています。
ここでは、このスイッチの5つを戦隊ものシリーズに喩えてみます。

 

それでは、『脳活性化戦隊 賢脳ファイブ』のメンバーをご紹介しましょう。

 

ます一人目は、「知性」を司る、冷静な性格の”賢脳ブルー” 本名は「前頭葉」です。
二人目は、「記憶」を司る、戦隊の頭脳の”賢脳グリーン” 本名は「海馬」です。
三人目は、「やる気」に影響を与える、ガッツある”賢脳イエロー” 本名は「側坐核(そくざかく)」です。
四人目は、「好き嫌い」を司る、紅一点、戦隊の乙女の”賢脳ピンク” 本名は「扁桃核」です。
そしてトリを務めるのが、五人目であり『脳活性化戦隊 賢脳ファイブ』のリーダーでもある”賢脳レッド” 本名は「視床下部」です。

 

”賢脳レッド”はリーダーであるので、彼の働きが良くなると、他のメンバーの働きも俄然良くなってきます。

欲は脳を活性化させる

5つの脳の活性化の扉を開くスイッチをONにするには、そのリーダー格である「視床下部」こと”賢脳レッド”のやる気を刺激し、働きを良くしてやることが大切です。
そしてこの“賢脳レッド”君にやる気を与えて元気を出させるものが、人間のもっている『欲』なのです。

 

良く品がいい人は、『欲の感情』なんてみっともないとか、「欲を持つことは悪いことだ」などと考えてしまいがちですが、人に迷惑をかけないある程度の欲は、脳を活性化するためには必要だということになります。

 

人間の欲はいろいろとあります。三大欲と言われる睡眠欲、食欲、性欲、他にも知識欲、権威欲、モテたい欲なんていうのもあるかもしれません。金銭欲、物質欲・・・ 考えてみるとキリがないかもしれません。こうしたものが、脳の活性化に大いに役に立っているのです。

 

人間が『欲の感情』を持つとどうなるのか?
欲の感情をもつと、賢脳レッド君が刺激されて、元気になります。つまり視床下部が働きだすので、本能はもとより、自律神経や脳内ホルモンなどが活発になってきます。そして他の前頭葉、海馬、側坐核、扁桃核も刺激され、賢脳レッドだけでなく、ブルー、グリーン、イエロー、ピンクも元気になり活性化し、強い賢脳ファイブができあがります。

 

こうなってくると、悪の組織のボスである“認知症将軍“も、とりつく島がなくなってしまうということになります。

 

『意欲』というものには、『欲』という漢字が使われています。つまり何事に対しても『意欲』を持つことで、脳の働きが良くなり脳が活性化されていくことになります。

 

人間は、「あなたは欲深いですか?」と質問されて、「はい、私は欲深いです。」と答える人間はあまりいないだろう。よほどひねくれてる人か、人生を達観してる人か、人間なんてそんなもんさと物事を斜に構えて見てる人でもないかぎり、そう答えたくはないだろう。しかし健康、賢脳という視点でみると、欲深い人のほうが良いということになるようです。

 

ある程度の適当な欲をもつことは、あなたの健康の味方 『脳活性化戦隊 賢脳ファイブ』の戦闘能力を上げるのに必要ということになります。