開放隅角緑内障

ヘッダ画像
緑内障とは・・・ その症状、メカニズム、検査、治療法、自宅でもできるケアなどを紹介していきます。

<特徴>

開放隅角緑内障 open angle glaucoma

 

隅角は開いているけど、繊維柱帯が目詰まりを起こしているのが開放隅角緑内障です。
生まれつき素因がある人が、歳をとるとともに発症してくるケースが多く、特に緑内障の親族がいる人はかかりやすいと言われています。

 

時として20~30歳代の若い世代の人のも起こることがあります。
初期には自覚症状はありませんが、信仰すると、目がかすみ、目が疲れやすいといった症状が出てきたり、視力が低下してきたりします。

 

実際に多くの場合が、視神経の障害が進行してから視野が狭くなったり、視力が落ちたりすることで自覚するケースが多くなっています。

 

症状としては、老眼や眼精疲労と間違いやすく、そのまま放置されてしまうこともあるので、早期発見、早期治療のためにも定期的に眼科を受診することがお奨めです。

 

前兆として、紅視(こうし)というものが出る場合もあります。
これは、夜、街頭の周りに虹の輪みたいなものがみえる症状で、そういった症状がある場合は緑内障を疑って、眼科医に相談すると良いでしょう。

<治療>

治療は、眼圧のコントロールが基本となります。
眼圧を低くするために、眼圧を下げる薬を点眼していきます。

 

緑内障は慢性の疾患で進行性ですので、1日1日の積み重ねが重要ですので、早期発見が大切です。規則正しい生活をすることも重要です。

 

眼圧を低くするための点眼薬は、房水の生成を抑える薬と、房水の流出を促す薬があります。

 

よく処方される薬として、次のようなものがあります。

 

プロスタグランジン系製剤(キサラタン点眼液、トラバタンズ点眼液など)
  これらは、房水の流出を促進させることで眼圧を下げます。

 

交感神経β遮断薬(チモブトール点眼液など)
  これらは、房水の産生を抑えることで眼圧を下げます。