性器カンジダ

ヘッダ画像
性病検査キットを使うにあたり、性器カンジダについて説明しています。

性器カンジダの症状

●感染者 :
男性よりも圧倒的に女性に多い病気です。性交未経験者でもたまに自発します。
カンジダは、もともと性器周辺やその他の体表に存在している常在菌です。通常は免疫作用によって過度増殖が抑えられていますが、体調不良などの免疫力低下が起こると日和見感染(ひよりみかんせん)を起こし、症状が出てきます。
また、感染者から大量の真菌をもらったときにも発症します。

 

●病原 : 真菌(カンジダ・アルビカンス)

 

●感染ルート : 性行為感染
もともとの常在菌が、免疫力低下により体内に増殖することにより発症することもあり、女性は女性ホルモンのバランスがストレスなどによりくずれると発症することもあります。

 

●潜伏期間 : 性器カンジダ症の潜伏期間は人によって変わります。常駐している菌なので繁殖も発症も個人差があります。

 

●症状 :
男性よりも圧倒的に女性に多い病気です。これは、男性器は体外に露出していて、通気性が良く菌が増殖しにくい環境だからと言われています。しかし包茎の方はやや発生率が上がっています。
男性の場合は、亀頭などの外陰部が真っ赤に炎症する場合は、治療が必要です。

 

女性の場合は、膣粘膜や大小陰唇に感染して、強い痒み、白いヨーグルト状のおりものが多い、臭い等の異常があります。
強い痒みや塊状のおりものがある場合や、膣口や陰唇などの外陰部が真っ赤に炎症する場合は治療が必要です。
体調不良や過労、ストレスなどには十分に注意し、下着などを清潔に保つことが大切です。

 

●こんな時は疑う候補疾患 :
  排尿時に軽い痛みがある。
  亀頭にかゆみ、ただれがある。
  ヨーグルトみたいなおりものが出る。
  性器周辺に痛みやかゆみがある。
  痛みがひどくて尿が出ない。
  性行為のときに痛みがある。

性器カンジダの検査

●検査法 : 男性は亀頭分泌物、女性は膣分泌液

 

男性は、亀頭周辺の菌を綿棒で採り、検査します。(細胞診)

 

女性は、めん棒を膣に挿入し回転させて、膣の分泌物を麺棒にこすりつけ、顕微鏡でトリコモナス原虫の有無を確認します。(細胞診)

性器カンジダの治療

●治療法 :

 

女性の場合には、抗真菌薬の軟膏やクリームを外陰部に塗ったり、膣内に挿入すします。内服薬を併用することもあります。

 

男性には抗真菌薬の軟膏を塗ります。

 

おおよそ1~2週間で治癒します。

検査キット