子宮頸癌の検査

ヘッダ画像
在宅臨床検査のメリットとデメリットを注意点などとともに紹介していきます。

子宮頸癌とは

子宮頸癌は、約85%が扁平上皮細胞から発生します。
一方、腺上皮細胞から発生するものは、検診で見つけにくく、信仰により放射線治療や化学療法が効きにくい傾向があります。
臨床進行期は、0~Ⅳ期に分けられています。

 

近年、子宮頸癌は、早期発見に伴う早期治療が増えてきていることから、癌になる前から治療が行われるようになりました。
比較的軽度の0期からⅠa期ではほとんどを治癒させることができるため、死亡数は減少していますが、けっして発生率が少なくなったわけではありません。

子宮頸癌の検査の必要性

子宮頸癌は、初期は無症状です。
したがって、早期発見のためには検診が必要になってきます。現在では治療後の妊娠や分娩も可能になっています。
性交後の出血やおりもの等は、びらんやポリープでも起こるものでそれだけでは区別はつきません。

 

トイレのビデなどで膣洗浄を行った後や、生理の時の検査は、擬陽性や擬陰性になったりしますので注意が必要です。
できれば医師の指示にしたがうことが大切です。

子宮頸癌の検査

子宮頸癌検査では、通常まず細胞診が行われます。

 

細胞診
扁平上皮癌・腺癌の上皮組織への浸潤を調べるため、綿棒などで子宮頸部をこすり、摂取された細胞を、パパニコロー染色という特定の細胞に色をつける準備を行い顕微鏡で見ます。 子宮があるのは女性なので、「ママは、パパにコロー」といったと覚えれば、パパニコロー染色、覚えやすいです。
細胞を診る細胞検査士、細胞診専門医などのスペシャリストががチェックを行います。

 

コルポスコピー疹
子宮の入り口を膣拡大鏡であるコルポスコープという機会で診るもので、子宮入口での病変わかるようになっています。
湿潤癌をスコープで診るというかたちのものです。

 

組織疹
コルポスコピー診で、異常が見つかった場合は、症状がでている場合に、さらに細かく診ていきます。

 

そのほか、主要の広がりの診断のために、腫瘍マーカーの測定やMRI、CTなどの画像診断を用いることもあります。

ティール&ホワイトリボン

子宮頸癌啓発キャンペーンとして、ティール&ホワイトリボン というものがあります。
これは、「NPO法人 女性特有のガンのサポートグループ オレンジティ」と、「NPO法人 ブーゲンビリア」、それに「NPO団体法人キャンサーネットジャパン」が連携・協業して作られています。

 

  • 子宮頸がんに関する一般的情報の普及・啓発
  • 子宮頸がんワクチン認知向上による早期承認と、平等な接種機会の確保
  • 子宮頸がん検診の有効性の普及・啓発と受診率の向上
  • 子宮頸がん標準的治療(ガイドライン)等、適切な治療情報の普及・啓発
  • 子宮頸がん罹患者・体験者に対する社会参画の支援

 

ティール&ホワイトリボン 子宮頸がん啓発キャンペーンは、コチラから
http://www.sikyukeigan.net/about.html