美しい髪を保つには、ドライヤーより自然乾燥というのは間違い | 美容トピックス

髪は女の命と言われるように、特に女性にとっては美容面で欠かせないパーツです。髪型をちょっと変えただけでも、いろいろと印象を変えることができ、自分を演出するという意味でも髪は女性にとって重要なパーツと言えるでしょう。

男性にとっても、いつも手入れされている髪は、清潔感を感じさせ、男としての魅力を引き出させてくれます。きちんと手入れされて髪型と、髪に無頓着でいつもボサボサの髪をしている人はどちらが女性の目から魅力的な男性に映るかは、言うまでもありませんね。

ドライヤーは髪を傷めるのでしない方が良いは間違い

髪のお手入れは、まずはシャンプーやリンスで髪をよく洗い、きちんとすすぐことにはじまりますが、仕上げは洗い上げた髪の乾燥です。
よくドライヤーは髪に悪いから私はいつも自然乾燥だという人がいます。
ドライヤーの熱風により髪が傷んでしまうことを気にして、意外にも自然乾燥派の人も結構いるようです。
しかし、いつまでも塗れた髪のまま自然乾燥していると、そこから気化熱が奪われてしまい体が冷えてしまいます。これは風邪のもとにもなります。

確かに、何分も長時間、高温の熱風を髪に当て続けることは良くありません。しかし、だからといって自然乾燥しいつまでも塗れた髪のままでいるのは、単に気化熱が奪われて風邪をひく原因になるというだけでなく、髪自体にも悪影響があります。

なぜ髪を自然乾燥すると悪いのか

髪には通常10~15%の水分が含まれています。ところが髪を洗ったりすすいだりすると髪が濡れ、塗れた髪のキューティクルは開きます。
つまり、そのまま髪を塗れたまま放っておくと、髪がどんどん水を吸いすぎて、髪が膨れあがってしまいます。
しかも髪が濡れたまま寝るなんていうのはもってのほかです。枕にキューティクルが引っかかって、髪がちぎれてしまう原因にもなります。

自然乾燥は、わざわざ髪をパサパサにしているようなもので、やはり髪はきちんと乾かしてキューティクルを閉じることが大切です。

ドライヤーで髪を乾かす

ドライヤーで髪を乾かす時は、まずはタオルできちんと髪を拭いて、余分な水分を吸い取ります。
このとき、力任せにがしゃがしゃと髪を拭くのはNGです。
タオルで髪をはさみ、水分を押し出すイメージで軽くたたくようにして水気を取っていくのがポイントです。
そして、髪を指でかき上げて、空気を入れながら髪の根元の水をしたに落とすような感じでドライヤーをあてていきます。

そして、根元から毛先に沿って、髪に対して上から斜め45度でドライヤーをあてます。
髪のキューティクルは根元から毛先に向かって重なっているので、この方向に沿う形で、髪の根元から先にかけてドライヤーをかけていく感じになります。

それから、一つの場所にドライヤーを2秒以上あてないことが大切です。ある程度乾いたら、仕上げはドライヤーの冷風でセットすると髪がセットしやすくなります。
髪が冷えたときに、髪の形状が固まるのでセットしやすくなり、ドライヤーをあてる時間も減らすことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする