インフルエンザに対するマスクの予防効果はどの程度? | 健康トピックス

インフルエンザは高熱が出たり、身体のあちこち痛くなったりでかかるとつらいものです。

できればかかりたくないものですが、予防接種は別として、予防法の1つとして手軽なところではマスクがあげられると思います。

果たしてマスクでインフルエンザはどの程度予防できるのでしょう

マスクはインフルエンザの予防に効果ありかなしか?

インフルエンザウイルスは、飛沫感染によって拡がっていきます。果たしてこのインフルエンザウイルスに対してマスクは効果があるのでしょうか。

花粉対策マスクは効果なし

まずは花粉対策マスクについてですが、ずばりインフルエンザウイルスに対しては全く効果がありません。

花粉の粒子はインフルエンザに比べて大きいので、花粉対策マスクではインフルエンザウイルスは素通り状態です。花粉対策マスクをしている意味はほとんどありません。

ウイルス除去率99%マスクは

結論を先に言うと、ある程度はウイルスから防御することはできますが、この99%という数字はフィルターの性能を示したものなので、マスクのすき間から入ってくるウイルスなどのことは考慮されていませんので、実際には99%も予防できるということではありません。

「ウイルス除去率99%」等といったことが書いてあるマスクは、表示からするとインフルエンザウイルスも99%防いでくれるような感じに思えます。

この99%という数字はもちろんウソではないのですが、そこには大きな落とし穴があるのです。99%というのは、実はフィルター補集効率数値というものであって、あくまでもフィルターの性能を示しているにすぎないのです。つまりマスク製品本体の性能を示しているものではありません。

どういうことかと言うと、フィルターとしてはインフルエンザウイルスを99%除去しますが、マスクとして使用した場合に99%除去できるのを保証したものではないということです。

実際にマスク製品を手にとって、その表示を見てみると「マスクは感染を完全に防ぐものではありません。」と記載されているはずです。

この文言は、マスクの表示・広告自主基準があり、この文言を8ポイント以上でしなければならないことになっています。フィルターはいくら優れていても、マスクと装着している顔との間のすき間が問題なのです。

インフルエンザウイルスは、髪の毛の直径の20分の1の大きさですので、いくらピッタリと顔にマスクを装着したつもりでも、頬や鼻の横のすき間からはどんどんインフルエンザウイルスが侵入してきてしまいます。

ただ物理的に直接飛沫を吸い込む確率を減らすこととができ、さらにはマスクをすることにより口内や鼻の中の湿度を保つことができますので、ある程度はウイルスから防御することはできるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする