どうにかしたい、たるみのサイン | 美容トピックス

たるみは年齢を感じさせるものですが、たるみができる原因は、シワと同じような原因でできてきます。

たるみができる原因

たるみは、ひとことで言うと、コラーゲンやエラスチンといった真皮の繊維の老化になります。
さらには皮下組織の老化も加わって、シワよりも深くすすんで重力に負けてたるみができてしまいます。

従って、通常の家庭で行っている化粧品によるスキンケアにおいては、たるみを解消することはできません。

たるみのサインとは

明らかに誰の目からみてもたるんでいるとわかる前に、たるみのサインというものが現れてきます。たるみのサインは、全体になんとなく肌にハリがなくなってきた、フェイスラインが少しぼやけてきたといったことを感じるようになったら、それはたるみのサインと考えていいかもしれません

たるみの予防に効果的なピーリング

老けてみえてしまう原因となるたるみですが、たるみをケアする有用な方法としては、コラーゲンやエラスチンを強化する方法があります。簡単に強化といっても、歳を重ねて、何年も何十年もかけて減ってしまったコラーゲンやエラスチンを強化するということは、簡単なことではありません。

そこでたるみのケアとして、注目されるのがピーリングです。
ピーリングは化学的に古くなった角質を除去するというものですが、ピーリングを行うことによって、肌代謝が高まり、肌全体の若返り効果をもたらします。

その他、美容皮膚科などでは、たるみに対するケアとして、ピーリングやノンアブレイティブ治療などが中心に行われます。
ノンアブレイティブ治療とは、真皮に熱によるダメージを与え、その回復力を利用してコラーゲンを増やしていく方法です。

たるみをつくる6つの原因

たるみをつくる原因はいろいろありますが、主なものとして6つあげてみました。

ストレスは、肌の血行を悪くすることから、肌の新陳代謝も悪くなり、たるみの原因になります。
禁煙は、活性酸素を生み出し、これらがコラーゲンやエラスチンにも悪影響を与えます。
睡眠不足は、それにより成長ホルモンの分泌が少なくなったり自律神経のバランスが乱れたりするので、肌の新陳代謝も乱れてしまいたるみの原因にもなります。
無理なダイエットも、十分な栄養がとれないことから、肌をつくるコラーゲンやエラスチンの量を減らしてしまうことになり、シワやたるみの原因にもつながってしまいます。
紫外線も、真皮にあるコラーゲンやエラスチンの繊維に対して、その生成作用などが阻害されるため、紫外線にあたるとシワやたるみができやすくなります。
強いマッサージなど、肌を強く引っ張るような動作の繰り返しは、やはりたるみの原因になってしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする