語学学校で、最初に覚えると良い英語とは | 賢脳トピックス

英語がもっと上手くなりたいということで、語学留学をしたり、語学学校へ通ったりする人もいます。

大変なことに、こういったところでは、日本語を話してくれません。困っていても英語でしか話しかけてきません。

たとえ相手が日本語がわかっていても、日本語を話してはくれず、英語でどうにかしなければなりません。

外国人講師に英語で質問ができるか

例えば、語学学校にいって、そこに外国人講師がいたとします。その外国人教師は日本語ができません。

すると、授業でわからないことがでてきた場合、その外国人講師に質問する場合は英語でしなければいけません。

I don’t know. や I don’t understand. だけでは、「あっ、そう・・・」となり、それで会話はとぎれてしまいます。

何がどうわからないのか相手に伝わりません。

I don’t understand English. (私は英語が理解できません)なんていうわけにもいきませんし。

もし、上手く質問ができず、ただ受動的に語学学校へ通ったり、語学留学をして、講師に与えられたとおりに受講しているだけだと、何年だっても英語が上達しないなんていうことにもなりかねません。

少なくとも、語学学校へ通ったり、語学留学をしようという人は、それなりに英語学習に必要性を感じ、英語に対する意識も高いと思いますので、せっかくの機会をより効果があるものにしたいところです。

教わり方のフレーズは、最低暗記しよう

そのためにも、教わり方のフレーズがとっさに出てくるようにしておくと良いでしょう。質問することで、知識を深めたりすることができるのはもちろん、会話をしたということで英語慣れし自信をつけることもできます。

本気で英語を勉強したいという人は、教えてもらうときによく使う英語のフレーズをノートにまとめて覚えておき、とっさに口から出てくるぐらいにしておくと良いでしょう。

そんなときに語学学校や語学留学をする前に、覚えておきたい英語のフレーズがあります。

語学学校や語学留学をする前に覚えておきたいフレーズ

それは、英語を教わるにあたって使いたいフレーズです。
もう一回言ってくださいとか、もっと簡単な言い方でおっしゃってくださいというような類の言葉で、このような質問をすることで、コミュニケーションがとれ、相手もゆっくり話してくれたり、知っていそうな簡単な単語だけを使って説明してくれたりします。

わかりません
I don’t understand.

もっとゆっくり言ってください
Speak more slowly, please.

もう一回言ってください
Pardon?
Would you mind saying that again ?

もっとやさしい単語で●●について説明してください
Can you explain ●● using simpler words?

●●ってどういう意味なんですか?
By ●● what do you mean?

AとBの違いを教えてください
What’s the difference between A and B?

この●●の名前は何ですか?
What’s the name of this ●●?

これは何と言うのですか?
What’s this called?

●●を英語では何と言いますか?
What’s the word for ●●?
What’s the translation of ●●?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする