2つの肌のカブレ | 美容トピックス

肌のカブレは、接触性皮膚炎ということですが、その原因は、外的刺激因子が直接肌に触れて起こるとされています。そしてこの接触性皮膚炎は大きく分けて2つに分けることができます。

2つのカブレの正体とは

カブレ、つまり接触性皮膚炎は大きく分けて2つあるということですが、一次刺激性接触性皮膚炎と、アレルギー性接触性皮膚炎です。

アレルギー性接触性皮膚炎の方は、なんとなくアレルギーによって起こるものなんだなとわかるかと思いますが、一次刺激性接触性皮膚炎は単なる刺激が原因の接触性皮膚炎ということになります。

つまり、単なる接触性刺激が原因なのか、アレルギー反応が原因なのかということになります。

いずれの場合も、直接的な原因は、接触した刺激因子が作用して反応が起きていて、接触した部位にのみ反応が出てくるという共通の症状の特徴があります。

そして、治療の第一歩も原因となる刺激因子の除去することが最優先となります。

一次刺激性接触性皮膚炎

単なる刺激によって起こるカブレですが、どんなものがその刺激因子、つまり接触毒となるかというと、それは多岐にわたっています。

酸やアルカリ等の化学物質、肌質に合わない化粧品も刺激因子になり得ます。漆などの植物や昆虫、有害な太陽光線もこれに該当します。

刺激物が強かったり、量が多かったり、接触時間が長いといったことにより、肌の抵抗力が外的刺激に負けてしまうと、カブレの症状が出てきてしまいます。

化粧品カブレ

化粧品でもカブレを起こすことがありますが、含まれている界面活性剤・香料・色素・油脂といった成分が何らかの形によって刺激因子となりカブレを起こしてしまう可能性があります。

生理前後、妊娠期、更年期といったようにホルモンバランスが崩れやすい時期に、カブレが起こりやすくなるといったこともあります。また過労や睡眠不足といった体調の変化や季節の変わり目なども肌が敏感になっていることがあります。

アレルギー性接触性皮膚炎

接触物質によってアレルギー反応が起こり、それにより皮膚炎が生じるものですが、これはある原因物質となる抗原に対して、抗体を持っている人にのみ起こる反応で、接触してから24~48時間たってから症状が現れるという特徴があります。

しかも普通は一度の接触ではカブレは起こらず、刺激が何度か繰り返されているうちに起こってくるので、なかなか原因が思い当たらないといったことがあります。

また生まれつき先天的なアレルギー体質によってカブレてしまう場合もあり、後天的にアレルギー獲得いよってカブレが起こってくる場合もあります。

接触性のカブレとアレルギー性のカブレの違い

接触性のカブレもアレルギー性のカブレも、接触した刺激因子によって起こり、その除去が治療の最優先ということは同じなのですが、一番の違いは、接触性のカブレの場合は、刺激物の濃度や量、接触時間といったように量的因子が症状と大きく関係してきますが、アレルギー性のカブレは、量的というよりも質的な問題で、アレルギーがある場合は少量でもカブレを引き起こしてしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする