カブレの治療法 | 美容トピックス

カブレ、つまり接触性皮膚炎の治療でまずしなければいけないのは、それが一次刺激性のものであっても、アレルギー性のものであっても、刺激因子の除去ということになります。

刺激因子の除去がなければ、いくら治療しても原因が存在したままなので、カブレを繰り返してしまいます。

カブレは原因さえ取り除けばすぐ治る

カブレは原因さえ取り除けばすぐ治るというと、さすがに少しオーバーなような気もしますが、確かに接触性皮膚炎は原因さえ除去されれば、通常は短い期間で治癒していきます。

原因探しが難しい場合

特に、アレルギー性の場合、接触してからカブレがでてくるまで24~48時間のタイムラグがあり、いろいろなものが原因と考えられるので、なかなか原因物質を特定するのは難しかったりすることがあります。

化粧品が原因の場合もあれば、金属製のアクセサリーが原因だったり、化学繊維の下着類が原因だったりするケースもあります。つまり生活のまわりにあるものの多くが感作物質となりうるということです。

このような場合は、とりあえず感作物質となるもの、疑いがあるものをすべて遠ざけるようにします。そして試行錯誤しているうちに推測できれば良いのですが、もしできなければ、皮膚科等を受診してパッチテストなどをしてもらい、何が原因なのかを検査して原因物質を特定するようにします。

原因物質の除去なくして、接触性皮膚炎の治療はないといっても過言ではないので、原因物質はしっかりと追求しおさえておく必要があります。

刺激因子と取り除いてからはどうするのか

さて、刺激因子を取り除いたとして、カブレは通常、放っておいてもしばらくすれば引いていきます。

しかし、カブレの症状が重かったり、早く治したいという場合は、亜鉛華ローション、亜鉛華オリーブ油、親水性軟膏などを局所に塗ると良いでしょう。また非ステロイド系外用剤や副腎皮質ホルモンを配合した外用剤を塗ることもあります。

さらに、かゆみがひどい場合は抗ヒスタミン薬を一緒に内服したり、抗アレルギー薬やステロイド剤を内服することもあります。

カブレに副腎皮質ホルモン

カブレに副腎皮質ホルモンを使うと、その効果は顕著に現れてきます。カブレがひどい場合には、副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)を患部に塗ることで、速やかに改善していきます。
しかし反面、副作用が生じてしまうこともあるので注意が必要です。

できれば、なるべく使わない方がよく、症状がひどい場合は、副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)の使用は短期間にとどめ、効果が現れてきたら、早めに非ステロイド系の軟膏に切り替えるなどしたほうが良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする