気になる首のシワを目立たなくするには | 美容トピックス

美容法というと、どうしても顔が中心になってしまい、ついつい忘れてしまうのが首です。

数少ない身体の露出部なのに忘れてしまいがちな首

私たちが服を着ていると、服から露出している部分はごく限られてきます。

長袖長ズボン、靴下を履いていると、肌が露出している部分というと髪を含めた顔と、手、そして首の部分に限られてしまいます。

顔はいろいろとスキンケアやメイクをしますし、手はハンドクリームがあります。しかし忘れがちになってしまうのが首です。

首は、対面したとき相手の顔をみますが、そのときに視界に入ってくることを考えると、また胸元から顏に視線を移す場合、必ず通るのが首ということを考えても、手よりも目に触れる場所とも言えるでしょう。

女性の年齢は首に現れる

女性の年齢は首に現れるとも言われていて、特に首のシワは気になるものです。それでは首のシワはどうしてできてしまうのでしょうか。

首のシワはやっかいそのものです。顔だとメイクでごまかしちゃおうということもできますが、なかなかそうはいかないのが首のシワです。

女性の年齢は首に現れると言われる所以はそこにあるのかもしれません。

首のシワの原因は何か

シワは一般的に言うと、肌の下にある真皮のコラーゲン繊維などが加齢とともに弾力を失って、変性を起こすことによってできてきます。首のシワの一番の原因も、加齢によるコラーゲンやエラスチンの減少や変性によるところが大きいでしょう。

そして首は顔とともに露出している部分でもあります。つまり紫外線に暴露しやすい部分でもあり、紫外線によりコラーゲン線維がダメージを受けることで、首のシワに大きな影響を及ぼしています。

顔ならばファンデーションや日焼け止めを塗ったりして紫外線対策を十分している人も多いと思いますが、ついつい忘れてしまうのが首の部分です。

首の部分は服からも出ていて外に露出しているにもかかわらず、メイク化粧品を中心とした化粧品はあまり使わないこともあり、紫外線によるコラーゲン繊維などのダメージを受けやすい部分になっています。

普段の姿勢も首のシワをつくる

実は、首のシワができやすくなるのは、紫外線だけが原因ではありません。
首のシワは姿勢が悪かったりすると深くなる傾向があります。

注意したいのが猫背気味の人です。猫背の人は首を前のほうに曲げていて、首が曲がった状態なので首の筋肉をあまり使いません。従って首の筋力は低下し、それがたるみとなりシワとなっていきます。

また残念ながら骨格的にどうしてもシワができやすいという人もいます。ぽっちゃり体系の人には横ジワが、やせ形の人には縦ジワができやすいと言われています。

首の部分の肌の下には、頸椎があり、軟骨や甲状腺があるので、その凹凸二ともなって皮膚にシワができてきてしまいます。

首のシワを目立たなくする方法は?

首のシワに対しては、加齢などによる部分も大きいため簡単に取ることは難しく、シワを目立たなくしたり、できにくくしたりするといったケアが中心となります。

紫外線対策

首のシワはその原因から考えると、まず紫外線対策をすることが効果的です。加齢によりコラーゲン繊維が弾力を失い、エラスチンの減少や変性などにも影響してきますが、それを助長する紫外線に対しては、十分に対策をとり、ファンデーションも顔だけでなく、しっかりと首も塗ってケアすると良いでしょう。

しかし、首にファンデーションやおしろいを塗ってしまうと、服について汚れてしまう可能性があり、嫌がる人もいます。そんな人は首にストールなどを巻いて物理的に紫外線を遮断するという方法をとるのが良いでしょう。

レチノール・ビタミンC

さらには首のシワに対しては、コラーゲンやエラスチンを生み出す繊維芽細胞を活性化させる作用があるとされるレチノールや、コラーゲンの生成に大きく関与しているビタミンC誘導体などを配合した油分の少ない美容液を首の部分を軽くつけると良いでしょう。

骨格の部分は仕方ないとしても、猫背など姿勢により首にシワができやすくなるケースもありますので、もし姿勢が悪いと感じているのであれば、姿勢を正すことも大切です。

普段から猫背になっていないかといったように姿勢にも気をつけることでも、首にシワができるリスクを減らすことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする