朝のスキンケアが大切な理由 | 美容トピックス

朝は会社や学校に行かなければならないので、忙しくあまり時間がありません。
しかし、朝のスキンケアは美肌を保つためにも非常に重要になってきます。

なぜ朝のスキンケアは大事なのか

まずは、会社や学校に行くのにすっぴんではなく、メイクをするという人が多いかと思います。
しかし、しっかりとしたお肌づくりができていないと、化粧ノリも悪く、せっかくのメイクも映えません。

メイクの前に、しっかりと肌を整えないと、土台がしっかりしていない所にビルを建てるようなものになってしまいます。

さらに、朝はこれから会社や学校、あるいは買い物といったように外出する前の時間で、夜中しっかりと休んで休養を取った肌は、これからいろいろな過酷な環境にさらされるのです。

外に出れば、まずは紫外線に晒されますし、道を歩いていると排気ガスや花粉、PM2.5といった肌を刺激するようなものが舞っています。

そして会社につけば、周りの人がスパスパ煙草を吸うことによって、その煙が肌を刺激しますし、得意先のオフィスへ行くと、今度はエアコンがびんびんにかかっていて、肌の乾燥の原因にもなってしまいます。

こうしたこれから起こる肌の刺激に対して、しっかりと備えておかなければなりません。
だからこそ、朝のスキンケアは大切なのです。

朝のスキンケアのポイントは?

朝のスキンケアは、今日1日、これから自分が置かれる状況を想像して、しっかりと予防的なスキンケアをすることが大切です。

例えば、1日外回りだとか、体育の授業で炎天下のもと運動をするというようなことがわかっているのであれば、UV対策(紫外線対策)を考えながらスキンケアを行います。

もちろん場合によっては、お出かけする時間、紫外線にさらされている時間を考え、UV化粧品(紫外線対策成分が配合された化粧品)をバッグに入れて持ち歩くということも必要でしょう。

さらに、今日は1日エアコンがきいた室内で内勤だというような場合は、エアコン対策が必要になってきます。 しっかりと保湿をして置くなどの対策を朝のスキンケアで行います。

実際の朝のスキンケア

朝のスキンケアは、まずは、ほとんどの人は昨夜寝る前にメイクを落としているので、朝を起きたときはすっぴんの状態という人がほとんどだと思います。

するとまずやることは、洗顔です。
洗顔料をしっかり泡立てて、顏を包むようにして洗い汚れや汗を落とすという方法も良いですが、洗顔料を使いたくないとう自然派の人であれば、ぬるま湯で顏を洗うというのも良いでしょう。

仕上げに冷たい水で顏をすすぐと、シャッキとして目も冷めるし肌も引き締まります。
洗顔の一番のポイントは、洗顔した後で、しっかりとタオルなどで顏についた水を拭き取ります。

化粧品をつけていく順番や方法は人それぞれで自由ですが、一般的に言われているのは、この後化粧水、美容液、乳液・クリーム、下地クリームといった順でつけていき、ファンデーションに入っていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする