落ち込んだときのスキップの効用 | 薬剤師トピックス

人間は、誰でも落ち込むことがあります。
人生において、落ち込んだことがないという人は、よほど鈍感な人か、相当の楽天家か、仙人のように人生を達観してしまっている人でしょう。

タイトルにある「スキップ」とは、リズムよくスキップを踏むという、あの一般的なスキップのことですが、このスキップが落ち込んだ人にいかに有効なのかをご紹介します。

その前に、なぜ私たちは落ち込んでしまうのかというところから、解説していきます。

なぜ、人間は落ち込むのか

それでは、なぜ人間は落ち込んでしまうのでしょうか。

それは、人間が感情をもっているからです。だから感情がないロボットは落ち込むことはありません。

そんなの当たり前じゃないかと言われそうですが、落ち込むということは感情によって起こるものなので、感情をコントロールできれば、落ち込まないとも言えるです。

感情をコントロールなんかできるのか

アニマル浜口さんは、よくワッハハ ワッハハ ワッハハといって笑っています。

それほど面白くなくても、愉快な気分でなくても、ワッハハ ワッハハと笑っているうちに愉快な気分になり、やる気もみなぎってくるといいます。

私はそんな単純じゃないし、そんな馬鹿なことがあってたまるかと思うかもしれませんが、人間のこうした動きや習慣が感情にも影響を与えます。

Emotionは、い~モーション

感情のことは英語で emotion と言いますが、よく見てみるとそのスペルは、Emotion となっていて、まさにE(いい)Motion(行動)となります。
つまり、いい行動(E Motion)をとることで、Emotion(感情)をコントロールできると言われています。

落ち込んでいる人の特徴

落ち込んでいるときに、落ち込んでいない人になるにはどうしたら良いのだろうか。
もし、人間の行動が感情に影響を及ぼしているということがわかれば、それと反対のことをすれば良いわけです。

落ち込んでいる人は、頭はうつむき、肩は垂れ下がり、背中はまるまっていて、呼吸は浅くなっています。
♪上を向いて歩こうという曲は、落ち込んでいるときも前向きになれるというのは、こうしたこともあるのでしょう。

上を向いて、肩をはり、背中を伸ばし、ゆったりと深く呼吸をしていれば、だんだんと落ち込んだ気分がなくなっていきます。

落ち込んだときのスキップ

スキップというと、楽しい時、嬉しいことがあった時にするものです。
これをあえて、落ち込んでいる時にするのです。

仕事でミスをして落ち込んでいるのに、スキップしてルンルンとか、いい加減にしろ!と言われてしまいそうですが、いつまでも落ち込んで後に引くような人は、気分転換にスキップしてみると良いでしょう。

これもアニマル浜口さんがワッハッハ ワッハッハと笑うのと同じで、スキップするという行動が、まさに落ち込んでいるという感情を和らげていきます。

もし、落ち込んだ時、試してみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする