印象を大きく変える難しいアイシャドウ | 美容トピックス

目を見て話せというくらい、多くの場合、視線は目元にいきます。

目は顔を印象づける大きなパーツで、漫画やアニメのキャラクターが実際よりも目が大きく描かれているのも、目が美容面で非常に重要なパーツであることの裏付けなのかもしれません。

印象を変える魔法のアイテムだけど難しい

ヒトの顔の印象を変えるほどの目元に、立体感を与えるアイテムが『アイシャドウ』になります。

『アイシャドウ』はよく、美容アイテムのなかで一番印象を変えられるけれど、一番難しいアイテムと言われています。

アイシャドウは、基本的には肌の色に合う色であったり、服などに合わせた質感のものを選び、顔全体のバランスや、目をどのように見せたいのかを考えて、選択をしていきます。

アイシャドウの使い方ひとつで、クールさもかわいさも演出でき、気になる目の形の補正もできます。

肌色などを考慮して、イエローベースなのであれば黄みよりのものを、ブルーベースなのであれば青みのものを選ぶとよいでしょう。

アイシャドウははじめに置いて部分が強くつき、そこを起点にグラデーションを作っていくことになります。

アイシャドウによる目元の印象変化

アイシャドウの塗り方により、さまざまな印象を演出することができます。

目尻の部分に一番高さを出したり、目尻よりも長さをオーバーさせてそこから目頭へ向かってグラデーションを作るといった目尻に重心を置くような描き方をすると、求心的に見える印象を和らげることができます。

また目尻を長く、目の横幅をのばすことで、切れ中でクールな印象を演出することができます。

目の中心に高さを出す描き方をすると、目を大きく丸くかわいく見せることができます。

目頭側に一番高さがでるようなグラデーションを作ると、目と目の距離が近く見え、引き締まった顔になりしっかりしたイメージを与えることができます。

3色以上のアイシャドウ

アイシャドウには1色のものから3色以上入ったアイシャドウパレットまであります。

3色以上入ったアイシャドウパレットは、ハイライト、メディアムカラー、ダークカラーが用意されていて、まずはハイライトを眉下から全体に乗せて骨格を際立たせ、その次にミディアムカラーをアイホールに入れて影で奥行きと立体感を出していきます。

最後にダークカラーで麺おラインに沿ってキワを入れていきます。

パレットにはアイシャドウブラシが入っていて、ハイライトなど広範囲に使うときや、ぼかしたりしたい時に使うと便利です。

チップが入っている場合は、それを使うとダークカラーなどの眼のキワを細かく入れる時に便利です。

最新情報をチェックしよう!