健康食材の効果はすぐには出ない | 健康トッピクス

最近は多くの健康番組が放送されていて、あれがいい、これがいいといろいろな健康食材が紹介されています。
もちろん、こうした番組を見ていると試したくなってくるというのが人情というもの。

特に、お肌がぷるぷるになるとか、快便すっきりとか言われると、さっそくメモして買いにいきたくなります。

イライラにカルシウム

よく漫画やドラマなどでイライラした登場人物に対し、「あなた、カルシウム足らないんじゃない?」というようなことを言うシーンがありますが、確かにカルシウムには脳神経の興奮を抑制する働きがあることが証明されています。

それじゃといって、周りにいるしょっちゅうイライラしている人や、すぐ怒る短気な人にカルシウムを飲ませたら、明日から性格がおだやかになってくれるかというとそんなことはありません。
カルシウムはもともと体内にあって、いろいろな生理作用にも影響を及ぼしているもので、身体の中できちんと調整されていますので、カルシウムを食べたからといって、いきなり神経に作用してイライラがピタっと止まることはありません。

もちろん不足しているカルシウムを摂ることは悪いことではないのですが、すぐにイライラしなくなるということは期待できません。
そんなことになったら、精神安定刺よりもすごいということになってしまいます。

生きたまま腸に届く乳酸菌の力

乳酸菌は、代表的な善玉菌ですが、普通にとると胃酸でやられてしまいます。そこで最近では腸まで届く乳酸菌ということを売りにした乳酸菌製品が多く販売されています。

乳酸菌は摂取することによって腸内環境が整い、免疫力がアップしたり、いろいろな不調が改善することが期待されますが、1~2日摂取した程度ではあまり効果があがりません。
これは自分にあってるなと思う乳酸菌をみつけて、毎日摂取することが大切です。

思い出したようにあわてて腸まで届く乳酸菌が入った乳酸菌飲料を2~3日飲んで、あとはほっぱらかし。また気になったときに2~3日というようなやり方では、せっかくの乳酸菌もうまく活用できません。

毎日続けて、腸内環境を整えていく事が大切です。

コラーゲンを食べてお肌ツルツル

タレントさんなどが、コラーゲンを食べてお肌がツルツルになったということを言ったりしていて、またコラーゲンは肌の構成成分でもあるため、コラーゲンを多くとるとお肌がプルプルになるというイメージがあります。

しかし、コラーゲンはタンパク質ですので、摂取するとペプチドやアミノ酸に分解され、それから再び肌になっていきます。つまり時間がかかります。
夜に鍋にコラーゲンを入れたからといって、それによって翌朝肌がプルプルになるなんてことはないのです。

もちろんすべてがそのまま肌のコラーゲンを構成するようになるかというとそうではありません。
アミノ酸はいろいろなアミノ酸をバランスよく摂取することのほうが大切なのです。

すぐ効くしじみ汁

多くの食材は、ある程度の期間続けているうちに効果がでてくるものですが、中にはすぐに効果を発揮してくれるものがあります。
それがしじみ汁です。

これはシジミ汁に入っているオルニチンが二日酔いの良いというもので、オルニチン肝臓でのアルコールの処理能力を向上させます。
シジミ汁のオルニチンと、水分、さらには味噌のタンパク質も加わって、相乗効果が期待できます。