腸内研究におけるポストバイオティクス | 健康トピックス

プロバイオティクス、プレバイオティクス、ポストバイオティクスとは似たような言葉だけど、どう違うのでしょうか。

腸内環境の〇〇ティクス

腸内環境でよく使われる言葉は、プロバイオティクス、プレバイオティクス、ポストバイオティクスのように『〇〇ティクス』という言い方になっています。

この系統の言葉が最初に登場したのが、『プロバイオティクス』で、腸内細菌叢のバランスを改善することによって、人間に有益な作用をもたらす生きた微生物ということで定義されています。

いわゆる有用菌で、乳酸菌・ビフィズス菌・納豆菌・酢酸菌・酪酸菌などのいい働きをしてくれる菌を一生懸命体内に摂りいれましょうという考え方になります。

次に登場したのが『プレバイオティクス』で、これは有用菌を増やすためのエサのことで、食物繊維やオリゴ糖のことを指します。

有用菌を摂りいれるだけでなく、有用菌を元気にして腸内環境を良くしてくれる有用菌のエサである食物繊維やオリゴ糖も積極的に摂りましょうという考え方になります。

この『プロバイオティクス』『プレバイオティクス』の考え方を組み合わせ、両方摂るといいよねというのが『シンバイオティクス』で、「シン」はシナジー(相乗効果)からきています。

そしてさらに研究が進んで登場してきたのが『ポストバイオティクス』という概念で、これは食品成分を材料に腸内細菌が作り出す健康に有用な代謝産物のことを指します。

つまり、腸内細菌が作り出した『ポストバイオティクス』が腸から吸収されることによって、健康に貢献するので、腸内細菌が作り出したものが重要であるということです。

短鎖脂肪酸のと腸内環境

『ポストバイオティクス』の代表選手は、『短鎖脂肪酸』で、有益に働くものとしては酪酸・酢酸・プロピオン酸が知られています。

それでは、こうした短鎖脂肪酸がどのように働くのでしょうか。

短鎖脂肪酸は、直接腸内環境に寄与するとともに、吸収されることで全身的に作用もします。

直接腸内環境に寄与する働きについては、短鎖脂肪酸によって腸内が弱酸性に保たれることによって、有害な菌の発育が抑えられ、有用菌の発育が促されます。

さらに短鎖脂肪酸は腸の活動エネルギーにもなり蠕動運動を促し、腸が水やナトリウムを吸収する際のエネルギー源にもなります。

加えて短鎖脂肪酸には、腸管のバリア機能を強化する働きもあります。

短鎖脂肪酸と全身作用

短鎖脂肪酸の全身作用についてみると、免疫の働きを整え、インスリンの分泌を調整することで血糖値を一定に保つ働きがあります。

さらに脂肪細胞の肥大化を抑制することで肥満の抑制につながるとともに、炎症を抑制して生活習慣病の予防と改善に寄与します。

最新情報をチェックしよう!