内 容

健康・美容・賢脳ブログの紹介

健康・美容・賢脳ブログの紹介

 

affiliates

ノーベル医学生理学賞受賞、イベルメクチンの効き方

健康トピックス・話題 | 健康ポータル・美容ポータル記事一覧

日本人の死亡の原因の3位になっているのが肺炎で、年間10万人以上が肺炎でなくなっています。死亡者のほとんどが高齢者で、肺炎で死亡した人の9割が誤嚥性肺炎が原因ともいわれています。話題の本に、西山耳鼻咽喉科医院理事長の西山耕一郎先生がかかれた、『肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい』という本があります。肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい西山耕一郎週刊誌にも取り上げられ、ベストセラーになっている本です。 日...

コグニサイズは、認知症予防・改善のための対策として知られていて、運動と認知課題(計算、しりとりなど)を組み合わせた認知症予防を目的とした取り組みの総称で、国立長寿医療研究センターによって開発されたものです。察しの良い人は、Cognicise(コグニサイズ)は、英語のCognition (認知) とExercise (運動) を組み合わせた造語だとピンときてるかもしれません。国立長寿医療研究センター...

健康には、有酸素運動は不可欠です。有酸素運動というと、軽いジョギングやウォーキングといったものがあります。また、ウォーキングとジョギングを組み合わせたバリエーションとして、インターバルジョギングや、インターバル速歩といったものもあります。ジョギングは、ウォーキングに比べ運動強度があり、足腰を鍛えるのにも役立ちます。また単位時間あたりのエネルギー消費量が多いので、ダイエット効果も期待できます。しかし...

歳をとるとともに、転びやすくなった。。。転びやすいということは、ケガにもつながりますので、気になるところです。では、いったいなぜなのだろうか・・・う~ん、よく姿勢は骨盤からだというから、骨盤なんじゃ?それとも、加齢で筋肉が衰えてくるから?いやいや、もしかしたら体の筋肉が硬くなってきちゃったからなのでは?いろいろ原因はあると思いますが、ためしてガッテンでは、米国オハイオ大学のブライアンクラーク教授の...

ためしてガッテンで、『腰痛改善の新たな一手!珍体操で劇的改善SP』ということで、股関節腰痛に注目して、そのチェック法と改善法についてご紹介されていました。股関節腰痛とは、股関節がスムーズに動かないことによって起こってくる腰痛のことを言います。腰痛には、いろいろな原因がありますが、股関節の不具合によって起こる股関節腰痛があります。股関節腰痛は、股関節がスムーズに動かないことによって、それを補うために...

D-グルクロン酸とN-アセチル-D-ガラクトサミンからなる二糖を反復単位とする多糖体をSO3で多硫酸化したもので、その構造中に硫酸基、カルボキシル基、水酸基等、多くの親水基を持ち、高い保湿能を有します。

「健康経営」という言葉は、特定非営利活動法人である健康経営研究会が登録商標を持っている言葉で、そのホームページの説明によると、健康経営とは、「企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても 大きな成果が期待できる」との基盤に立って、健康管理を経営的視点から考え、 戦略的に実践することを意味しています。この健康経営の考え方は、少子高齢化社会となり、ますますその重要性が見直されてきています...

よく体の柔軟性を試験するのに、前屈をすることがあります。体が硬い人だと、前屈したときに手の平どころか、指先すら床につきません。人間の基盤となるのは足で、その足の一番中心になるのはヒザの裏です。そのヒザの裏が硬くなって曲がってくると、体全体が歪んできてしまいます。だから、曲がったヒザを伸ばしてあげれば、骨盤が立って背中が伸びて、腰痛改善につながります。ヒザ裏を柔らかくする3つのエクササイズ ワンツー...

両足を伸ばして座ります。腰を前後に動かしながらお尻で歩くように前に進みます。ちょうどお尻の骨で歩く感じで行います。目安で20歩ぐらい前に進んだら、今度はその分お尻歩きで後ろに戻ります。これを3分間続けて行います。

スタンフォード式疲労回復法に関連した、疲労回復のための疲れがとれる呼吸法・簡単な動作・入浴法などをご紹介します。特にIAP呼吸法とも呼ばれている腹圧呼吸について説明していきます。