内 容

ノルウェー出身のスーパーエリートが世界で学んで選び抜いた王道の勉強法

この本はノルウェーの教育・研究大臣からお墨つきをもらった勉強法、つまり日本で言えば厚生労働省推奨となっている「勉強法について書かれた本」と言えるでしょう。

この本は、ノルウェーの平均的な中学生だったオラヴ・シーヴェ氏が、効果的な勉強法に興味を持ったことがきっかけで、高校から一気に成績を伸ばし、カリフォルニア大学バークレー校やオックスフォード大学に進学した経験をもとに書かれたものです。
さまざまな「勉強法」を研究したうえで、試験をはじめ勉強するうえで8つの大事な法則、効果的なテクニックがまとめられています。
よい成績をとるのに高いIQは必要ない!  
学生から社会人まで、学力向上を目指すすべての方の必携書と言えるでしょう。

 

目次

 

効果的に学習するには
勉強時間と計画学ぶことと理解すること
ひとり学習とグループ学習
読むテクニック ほか)

 

力を最大限発揮するには
準備
筆記試験と課題
プレゼンテーション、スピーチ、口頭試験
テストの後で

 

正しく考えるには
意欲と姿勢
メンタルの技術

 

 

概要・ポイント

 

効果的な勉強法「SQ3R」

  1. 概要をつかむ(Survey)
  2. 自問する(Question)
  3. 読む(Read)
  4. .暗唱する、まとめる(Recite and Review)

 

読むに関しては、理解することに重点を置きます。
暗唱とは、見出しやキーワードを見て、知っている事柄をできるだけたくさん答えること(本は見ない)

 

試験本番で力を発揮する「PCWC」

  1. .計画する(Plan):時間配分
  2. 明確化する(Clarify):質問の意図を理解
  3. 書く(Write):できるだけシンプルに順序立てて
  4. 見直しする(Control)

 

優れた目標設定のための「SMART」

  1. 具体的なもの(Specific):明確かつシンプルに設定する
  2. 測定可能なもの(Measurable):結果が測定できる形にする
  3. 意欲的なもの(Ambitious):簡単すぎずる目標はダメ
  4. 現実的なもの(Realistic):とても困難な目標もダメ
  5. 期限つき(Time limited):期限をはっきりと切る