表示指定成分とは

ヘッダ画像
化粧品の成分の検索など、あなたに合った化粧品の知識を提供します。

化粧品の成分表示

化粧品は、現在、現在配合されている成分を全て記載する全成分表示となっています。
化粧品に含まれている成分を全成分記載することになったのは、2001年3月末日からですが、それ以前は、化粧品の成分は、表示指定成分と言われる指定された成分だけを記載すればよいことになっていました。

 

表示指定成分とは


表示指定成分は、厚生労働省告示で示されたもので、化粧品に配合された場合、表示を義務づけられていた成分です。
表示指定成分は、まれにアレルギーなどの皮膚障害を起こす可能性がある成分として、1980年から、化粧品の全成分表示が実施される2001年3月末日までに、表示が義務津けっれていた成分で、香料も含めると103成分あります。
表示指定成分は、人によってはまれにアレルギーや皮膚トラブルを引き起こす可能性がある成分が指定されていて、化粧品を購入する際の目安にもなっていました。

 

現在は、化粧品は原則全成分表示となってしまっているので、化粧品の表示を見ただけでは、表示指定成分が入っているかどうかはわからなくなってしまいました。
化粧品の全成分表示は、化粧品に配合されている成分が全てわかる反面、特にアレルギーや皮膚トラブルを引き起こしやすい表示指定成分が含まれているかどうかわかりにくくなってしまうというマイナス面も指摘されています。