化粧品を使わないスキンケア

ヘッダ画像
スキンケアと化粧品のことについてのトピックス。

内 容

普段使っている化粧品をもう一度見直そう

多くの女性は、二十歳前後になると、スキンケアとともにメイクをするという習慣が日常になってきます。
最近では男性でもスキンケアをするといった人も増えてきています。

残念ながら肌は、若いうちはピチピチでハリがありますが、40代にもなってくると、肌のハリはなくなってきて、クスミやシミ、シワなど老化現象が見られてきます。
そこで、それをカバーするために化粧品を使って、スキンケアやメイクをするのですが、多くの化粧品には、防腐剤や界面活性剤をはじめ、肌を刺激するような化学物質がたくさん含まれています。そういった化粧品を長い間使い続けることは、肌をきれいにするどころか、かえって肌に対してマイナスということもありえます。

素肌そのものの美しさこそが大切

極論を言ってしまうと、化粧品も薬と同じく体にとって異物です。ましてや肌を刺激するような化学物質が含まれていれば、それは肌にとってはかえって良くないということもあります。

健康な肌であれば、多少の異物で肌に負担がかかっても、すぐに修復できるため、通常は目立った肌トラブルにはなりません。
しかし、肌が敏感な人であったり、長年過剰にメイクやスキンケアをし続けたりしていると、肌に発疹が起きたり、肌が赤みを帯びてくるなどの肌トラブルを起こす原因にもなりかねません。
だからこそ、自分にあった化粧品・コスメを探すことが大切です。

しかし、それよりも大切なことは、化粧品・コスメに頼らなくても、美しい素肌を作ることになります。
もし、化粧品を使っていて、肌トラブルが起きたら、化粧品の使用をやめ、いったんスキンケアやメイクで化粧品を使うのをやめてみるといったことも大切かもしれません。
もちろん、肌トラブルといっても、長い間発疹が治らなかったり、腫れてきているような場合は、皮膚科などを受診するようにしましょう。

化粧をしない時間をつくる

肌が敏感な人はもちろん、健康な人でも、いたずらに必要以上に化粧品を長く使うということは好ましいことではありません。
化粧品がたとえ低刺激であっても肌に刺激があるものだとすれば、肌に刺激があるものをずっと顔につけているということになります。
もちろん、メイクなどは寝る前に落とすという人がほとんどですが、週末には、化粧品にあまり頼らずにメイクはせず、必要最低限のスキンケアだけをするということも良いかもしれません。

必要最低限のスキンケアとメイク

化粧品を使わないというのも一つの方法ですが、そうはいっても、まったく化粧をしないというわけにもいかないという場合も多いでしょう。
まず、これはやめておきたいのが、クレンジング剤を使わないと落とせないような濃いメイクは、絶対に肌に負担をかけますので、どうしても必要というのでなければ、メイクは石鹸で落とせる程度のものにしたほうが良いでしょう。
また、メイクはしないというのであれば、日中に肌についてしまったホコリや皮脂は、ぬるま湯で洗顔をして洗い落とすようにします。
洗顔した後は、化粧品を塗りたくなるところですが、そのまま何も塗らずにしばらくいてみてください。
もし、しばらくして肌がしっとりしてくるようであれば、十分に肌に保湿能力があるということになります。
どうしてもかさつくという場合は、ワセリンなどを塗ると良いでしょう。