MONTH

2019年1月

  • 2019年1月21日

記憶は過去の出来事を覚えるだけでなく、未来も作り出す | 賢脳トピックス

記憶というと、普通は受験勉強や就職試験のためにいろいろ参考書を片っ端から覚えていたり、英単語カードをめくっては英単語を覚えているというイメージをもつ人が多いと思います。 これはけして間違いではないのですが、記憶はこうした過去の出来事や参考書などを覚えるということだけではなく、未来も作り出すのです。 […]

  • 2019年1月20日

アンチエイジング対策の一番はしっかり眠ること | 美容トピックス

アンチエイジングというと、いつまでも若々しくということになりますが、エイジング(老化)ということになると、いろいろなところに影響がでててきます。 一つは、やはりお肌に関しても、美容を気にする人にとってもアンチエイジングは欠かせない問題です。 年齢のわりには肌が若々しい人がいる一方で、肌が年齢よりも老 […]

  • 2019年1月19日

オシャレをしなくなったら認知症のサイン? | 健康トピックス

高齢化社会、アルツハイマー病が問題になっています。 アルツハイマー病・認知症というと、高齢者のものというイメージがありますが、若年性認知症も大きな問題となっていて、働き盛りの人が、ある日、記憶の中に開いた穴が日に日に大きくなっていき、幼稚園児でも簡単にできるようなことさえできなくなってしまいます。 […]

  • 2019年1月18日
  • 2019年1月17日

心の距離を縮め、相手から本音を聞き出すテクニック | 薬剤師トピックス

商談・交渉においても、ビジネスや仕事・業務を抜きにしたところで、どの程度個人動詞としての心の距離が縮められるかということは非常に重要なことです。 交渉においては、すでにこの心の距離をいかに縮められるかというところから始まっているといっても過言ではありません。 相手との心の距離が大切 ビジネスで交渉す […]

  • 2019年1月17日

2019年度版、治療薬マニュアル・今日の治療薬など続々と発売

2019年1月に入り、2019年度版、治療薬マニュアル・今日の治療薬などが続々と発売されています。 医薬・健康関連書籍の紹介 (化粧品・食品等も含む)   2019年1月新刊 2019年1月新刊については、 調剤関連(2019年度版) 詳細はこちら 治療薬 今日の治療指針 臨床検査・画像診 […]

  • 2019年1月17日

英語学習に英文法はやっぱり必要なのか | 賢脳トピックス

「英語は言語なんだから文法なんて勉強しなくたっていい」 「言語なんだから使っているうちに自然と身についてくるものなんだ」 という人がいます。 普段の会話で母国語を話すのにいちいち文法を気にしている人はあまりいないでしょう。 英文法が嫌いという人の中には、こうした理由であまり英文法を勉強したがらない人 […]

  • 2019年1月16日
  • 2019年1月15日

整形外科と形成外科、美容師と理容師 | 美容トピックス

世の中の言葉には似て非なるものがたくさんあります。 しっかりと理解していないと、思わぬ勘違いを起こしてしまったりします。 整形外科と形成外科 シミやシワが出てきてしまっているので、病院に行ってみようと考えたとき、どこに行けばいいのだろうか。 「美容外科」とか「美容整形」となっていれば、迷うことはあり […]

  • 2019年1月15日

動物にもツボがある | 健康トピックス

ツボというと、東洋だけでなく西洋でもポピュラーな治療法になっています。 ピカソと言えば、知らない人はいないくらい有名なスペインが生んだ天才画家ですが、そのピカソも持病の坐骨神経痛をフランスの鍼治療で治していたという話は、鍼灸業界の中では結構有名な話だそうです。 ツボがあるのは人間だけではない 鍼灸の […]

  • 2019年1月14日

テストで良い点を取ったときのご褒美はOKか?NGか? | 薬剤師トピックス

サザエさんを見ていると、波平がカツオに「テストで良い点を取ったらおこづかいを上げてやってもいいぞ」と言っていたシーンを見た記憶があります。 どうせ、そんなこと言ったって、取れっこないだろうし、万一取れたとしても親としては嬉しいという心理があるのでしょう。 サザエさんでなくても、なかなか勉強をしない子 […]

  • 2019年1月13日

想起と再生の違い | 賢脳トピックス

ものを覚えるとき、特に単語や専門用語を覚えるとき、単に「A=B」のようにして覚えるとなかなか覚えられないことがあります。 この覚え方だと一見無駄がなく効率が良い感じですが、覚えるときはそれに合わせて付帯情報やエピソードなども覚えるとかえって覚えやすくなるのです。 『想起』というと記憶の三段階「記銘」 […]