CATEGORY

薬剤師トピックス

薬剤師に関連した話題

  • 2020年7月7日
  • 2020年7月7日

敵を観察し、敵を知れ | 薬剤師トピックス

孫子の兵法を読み解いていくと、その中には必勝のための法則であったり、生きるための知恵が隠されていたりします。 敵を観察せよ 孫子の兵法 第九 行軍篇において、『必ず謹みて、之れを察せよ』という言葉があります。 孫子は、戦争に勝つためには、まずは伸長に敵を観察することが大切であるとしています。 戦国時 […]

  • 2020年7月3日
  • 2020年7月3日

卵と玉子、どう違う? 知っていると鼻高知識 | 薬剤師トピックス

知らなくても全然困らない、どうでもいい知識だけど、知っているとなんかウンチクになり話題にできたりするものってありますよね。 そんな中で、これとこれ、どう違うの?というものをいくつか挙げてみました。 卵と玉子は、どう使い分けられている? 「たまご」を漢字で書きなさいと言われると、ほとんどの人が「卵」と […]

  • 2020年6月29日
  • 2020年6月29日

新生活様式でのチャンスをどうとらえるのか | 薬剤師トピックス

新型コロナウイルスの影響で、自分のアピールの場がなくなったかに見えたスポーツ選手が、自分のプレーを Youtube に載せたところ、すぐにオファーの反応があったというような例があります。 チャンスがなくなったというのではなく、今までの常識にとらわれずにどうチャンスを作っていくか大切になってくる時代に […]

  • 2020年6月25日
  • 2020年6月25日

マトリの半数は薬剤師 | 薬剤師トピックス

芸能人が大麻や覚せい剤などで捕まったという話題が忘れたころに持ち上がりますが、ワイドショーなどをみていると随分と長い期間、目星をつけて貼り込んで調査していたといったことが言われています。 薬物の流れをつきとめるために、接触者などをチェックしているということもありますし、空振りに終わる可能性も慎重に見 […]

  • 2020年6月21日
  • 2020年6月21日

人間の持つ2つの思考、システム1とシステム2を考えた資料 |薬剤師トピックス

ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネルマンは、人間の脳には『システム1』と『システム2』という2つの思考があると述べています。 『システム1』と『システム2』 『システム1』は、脳への負担を減らすために自動的に高速で動く思考、物事を直感的に理解しようとする思考になります。 『システム2』は、複 […]

  • 2020年6月17日
  • 2020年6月16日

売れる広告文は話し言葉で作ると作りやすい | 薬剤師トピックス

店頭でも、ネット上でも、物を売るときに、その購買意欲を高まるものとして広告文があります。 この広告文の出来次第では、あまり売れないものが売れたり、売れるはずのものが売れなかったりします。 売れない広告文の原因 売れない広告文には、それなりの理由があります。 売れない広告文は、わかりずらく、メッセージ […]

  • 2020年6月13日
  • 2020年6月13日

郵送や電話でのアンケートの問題点 | 薬剤師トピックス

一口でアンケートと言っても、その方法はいろいろあります。 アンケート調査をどこで依頼するのか、どんな方法でいらいするのか、アンケイートの回収はどうするのか、どういった調査方法にするのか、実にいろいろな方法があります。 アンケート調査の種類 アンケートの方法はいろいろとあります。 アンケートの調査員が […]

  • 2020年6月9日
  • 2020年6月9日

医薬品の治験と医薬品情報 | 薬剤師トピックス

医薬品の開発にあたっては、まずは医薬品の候補となる化合物が出され、それについて動物や培養細胞、微生物などを用いた前臨床試験つまり非臨床試験が行われます。 その後、治験いわゆる臨床試験に入っていきます。 通常は長い道のりの医薬品開発 医薬品を開発するにあたっては、まずは薬の種となる新規物質の発見や創製 […]

  • 2020年6月5日
  • 2020年6月5日

薬理学、薬力学、薬物動態学の違い | 薬剤師トピックス

薬というものを論じるときに、その作用を考える場合、薬理学、薬力学、薬物動態学という言葉が出てきます。 『薬物』というと、私たちの生体に何等かの変化、つまり薬理作用をもたらす単一の化学物質ということになります。 これに対して、薬物に添加剤などを加えて実際に使用できるように加工したものが『薬剤』または『 […]

  • 2020年5月31日
  • 2020年5月30日

新オレンジプランとは | 薬剤師トピックス

高齢者の4人に1人が認知症またはその予備群と言われる中、認知症の人は現在よりもさらに増加していくと考えられています。 新オレンジプランの意義 そこで、認知症高齢者などにやさしい地域づくりに向けてということで、新オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略)というものが作成されています。 認知症の人を単に支 […]