ポーラ研究所が調査したところによると、ストレスを感じている人は、ストレスを感じていない人と比べるとシミが1.3倍も多いという結果がでています。

ストレスを感じるとシミが増えるメカニズムとは

ストレスによってシミができるメカニズムとして考えられる1つが活性酸素です。
ストレスがかかると活性酸素が出てくるということはよく言われていますが、実際にストレスがかかるとリラックスしている時と比較すると活性酸素が3倍にも増えるということもわかっています。

シミの元となるメラニンは、メラノサイトの中にあるチロシンというアミノ酸がチロシナーゼという酵素によって徐々に変化してドーパ、ドーパキノンとなり、やがてメラニンとなることで生じますが、活性酸素があるとチロシナーゼの活性が刺激されてこの過程が進み、メラニンの生成量が1.3倍になるという報告もあります。

ストレスがかかると、肌内部で炎症が起き、その炎症が刺激となって活性酸素ができ、それにより過剰なメラニンが作られ、さらに活性酸素による酸化が進んでシミになってしまいます。

ストレスによってシミができるメカニズムは活性酸素以外にも考えられていて、血行不良からくる皮膚温の低下が考えられています。
ストレスがかかると、自律神経のバランスが崩れ血行不良となり、その結果皮膚温が低下してしまいます。
すると、肌のバリア機能も低下してしまい、それがシミの生成を加速してしまうのです。

ストレスによるシミの原因にアクセスするサエル

ストレスによるシミの原因として、チロシナーゼ活性化に伴うメラニンの生成促進と、血行不良からくる皮膚温低下によるバリア機能低下について述べてきましたが、これらストレスのシミの原因に働き、シミを防ぐ美白ケア化粧品があります。
それがサエルです。

サエルは、活性酸素を分解し、皮膚温を上昇させ、バリア機能を強化するオリジナル複合成分を配合しています。
そのオリジナル複合成分の構成要素は次のようになっています。

ジンセンX

ジンセンXとは、朝鮮人参の中でも効果が高い部分だけを高濃度で抽出した成分で、血行促進効果や皮膚温の上昇効果が期待できます。
ストレスにより低下した皮膚温を上昇・血行促進します。

パルマリン

パルマリンは、大西洋に生息する赤みの海藻(オゴノリ、テングサなど)である「紅藻(こうそう)」から抽出したエキスで、保湿力、抗酸化力にすぐれ、肌のバリア機能正常化を図ります。

ムラサキシキブエキス

紫色に輝く宝珠のようなムラサキシキブの果実から抽出したエキスで、ポリフェノールを抱負に含み、 優れた美白力、抗酸化力があり、活性酸素の分解・メラニン黒化抑制作用があることから、透明感のある美白肌を育みます。

ストレスに負けない透明感のある肌へ導くサエル

サエル ホワイトニング エッセンス コンセントレートや、サエル ホワイトニング ローション コンセントレートは、オリジナル配合成分がメラニンの生成を抑えることでシミを防いでくれる、ストレスに負けない透明感のある肌へと導いてくれる薬用化粧品です。