Yakuji-Man
AUTHOR

Yakuji-Man

製薬メーカーで研究所・学術企画・薬事関連の仕事に携わってきた薬剤師です。 医療用医薬品・OTC医薬品・医療機器・医薬部外品・化粧品・衛生関連品・試薬・健康食品・健康雑貨などの学術資料・パンフレットの作成や製品表示などを幅広く担当してきた薬剤師です。

  • 2023年2月5日

メイクが崩れやすい場所ってどこ? | 美容トピックス

メイク直しは、理想的に言えば、メイク仕立ての美しさを復活させるところにあります。 ところが雑に重ね塗りしたりすると、皮脂が浮いた上かファンデーションを塗り重ねていることになるので、粉がよれたり、いかにも上塗りしましたというような仕上がりになってしまいます。 化粧崩れの原因を知ることが大切 できれば、 […]

  • 2023年2月4日

化学性食中毒で最多のアレルギー様食中毒 | 健康トピックス

化学性食中毒は、細菌やウイルス、寄生虫などによって起こるのではなく、食品原料または食品に本来含まれていないはずの有害化学物質による汚染、混入、生成などによって発生する食中毒になります。 化学性食中毒が食中毒の全体に占める割合は、わずか1%ですが、中毒による死者も出ています。 多いヒスタミンによる中毒 […]

  • 2023年2月3日

景気が悪くなってくると不公正な取引は増加する | 薬剤師トピックス

もし不公正な取引が横行するような世の中になったら、企業間の自由な競争どころではなくなり、世の中は無秩序でめちゃくちゃなものになってしまいます。 そのためにそういったことがないように規制を定めているのが独占禁止法になります。 不公正な取引と独占禁止法 不公正な取引といっても無数にあり、課徴金対象となる […]

  • 2023年2月2日

頭は使わないと悪くなる | 賢脳トピックス

人間の脳は、使わないとどんどん衰えていってしまうという人がいます。 脳の容量の限界は 人間の脳は、記憶できる容量が決まっているので、それ以上は憶えられない。 だから私はあまり物事を憶えないようにしているという人がいます。 しかし、事実は全く逆です。 人間の脳は、いろいろなものを記憶して、脳の情報量が […]

  • 2023年2月1日

歯を白くするオーラルケア商品 | 美容トピックス

オーラルケア商品の一番の目的というと、虫歯や歯周病を予防するというのが大きな目的でしたが、時代とともに美容意識が高まり、口臭を気にしたり、歯の白さを気にしたりという点も、オーラルケア商品の中で重要なポイントになってくるようになりました。 歯を白くする歯磨き トゥースト状の通常の歯磨きには、化粧品のも […]

  • 2023年1月31日

漢方の治療の原則 | 健康トピックス

漢方における治療の原則には、扶正祛邪(ふせいきょじゃ)、治病求本(ちびょうきゅうほん)、随機制宜(ずいきせいぎ)などがあります。 扶正?邪 『扶正祛邪(ふせいきょじゃ)』は、正気と病邪のバランスを見て、診断治療していくというものです。 漢方では、全ての病気は、病邪(邪気)が正気の力を上回ったときに発 […]

  • 2023年1月30日

ポイントカードで無駄買いさせる店側の戦略のからくり | 薬剤師トピックス

ポイントカードが、消費者に無駄外させる店側の罠だなんていうと、経済界からお叱りを受けそうですが、そうした人たちも買い物をするわけで、消費者の立場になることもあるので、心理的にはそうした意図があるということを、消費者側の立場から理解していても悪くはないと思います。 なぜ店側はポイントカードをするのか […]

  • 2023年1月29日

AIを使いこなす脳とAIに使われるだけの脳 | 賢脳トピックス

人間の脳の力というと、記憶力・集中力・想像力・思考力・メンタルのセルフマネジメント力などいろいろあります。 現代は、ここ数十年でコンピュータはものすごい発展をとげました。 なんでもすぐに調べられる時代 昔は、ちょっとした作業をするのでも、薄っぺらいフロッピーディスクをパソコンのドライブに差し込み、そ […]

  • 2023年1月28日

肌を老化させる外部の原因 | 美容トピックス

肌を老化させてしまう原因は、外部要因と内部要因があり、肌は常に肌老化につながるいろいろなものにさらされています。 肌老化の大きな原因である乾燥 乾燥は、気候の問題もあり、どうしても避けて通ることはできません。 冬などの乾燥の季節になれば、どうしても外気が乾燥をして、肌もその影響を受けてしまいます。 […]

  • 2023年1月27日

診察室のドアをあけた瞬間からはじまる漢方 | 健康トピックス

テレビなどで名医特集などをやっていると、患者が診察室に入ってきた瞬間から、その姿勢や歩き方をチェックしていて、そこから得た情報を診断に役立てていたりします。 これは西洋医学に限ったことではなく、漢方でも同じです。 診察室のドアを開いたときから 漢方は、患者が診察室のドアを開けたときから診察がはじまっ […]