夏のレジャー、気をつけたい紫外線対策 | 美容トピックス

夏休み、海や山のリゾート地に行き、気分転嫁という人もいると思います。

家族や友達と楽しいひとときを過ごすと気分もリフレッシュですが、悩みの種は紫外線対策です。

夏のレジャーの紫外線

特に屋外でのレジャーは直射日光を直接浴びてしまったりして、シミやしわの原因となる紫外線に注意が必要です。

紫外線は目に見えるわけではありませんので、知らないうちに多く浴びてしまっていたりします。

特に海に行く人は紫外線が強いので要注意です。

夏のレジャーの紫外線対策

対策としては、パウダーファンデーションを顔にしっかりと塗ります。
水に入ったりする場合は、スポーツ用の崩れにくいファンデーションなともあります。

日やけを防ぐには、普段よりも厚めに、ちょっと厚化粧かなと思うくらい塗らないと完全に防ぐことはできないでしょう。

海などでは、マリンスポーツなどで摩擦や日やけから肌を守るラッシュガードというウェアがありますが、こうしたものを着用するのがベストでしょう。

しかし、ファッションの面からも、水着の上にそんなものを着たくないというのであれば、ひたすら日焼け止めを塗って予防していくしかないでしょう。

この場合は、日焼け止めを2時間おきにたっぷりと全身に塗り重ねていきます。
どのくらいの量かというと、目安としては、1本100mLくらいの日焼け止め乳液であれば、1日か2日で1本使いきってしまうくらいの量を塗ります。

SPF値の高い日焼け止めの落とし穴

日焼けといえば、SPF値の高い日焼け止めを使っていれば安心と思う人もいると思いますが、大きな落とし穴があります。

SPFの高い日焼け止めには、紫外線吸収剤が使われていたりしますが、この紫外線吸収剤は紫外線を吸収すると効果が下がってしまうことがあります。

たとえるなら水を吸ったスポンジのようなもので、最初は水を勢いよく吸収していきますが、いっぱいになってしまうとあまり吸わなくなってしまいます。

つまり、紫外線吸収剤も紫外線に当たりすぎると、吸収力が下がり効力を失っていってしまいます。

だからこそ、日焼け止めはどんなにSPF値が高いものを使っていても、それで安心というのではなく、頻繁に塗りなおさなければならないのです。

なかなか落ちないウォータープルーフの日焼け止め

ウォータープルーフの日焼け止めは、水に塗れてもOKということで、夏の海や川のレジャーにも便利ですが、洗ってもなかなか落ちないというデメリットもあります。

クレンジングを使っても、簡単に落とせないといったものもあります。

何日間か夏のレジャーを楽しむ人は、毎晩しっかりと落とそうとするとかえって肌が洗いすぎにより乾燥してしまったりするので、ほどほどにし、しっかりとクレンジングするのは最終日だけでよいでしょう。