美肌のためのエイジング栄養学 | 美容トピックス

美肌のためにスキンケアは良くしているが、食べ物には無頓着という人もいるかと思います。
食事も美肌に大きく影響してくるものなのです。

肌のエイジングと活性酸素

肌のエイジング、つまり肌が年取って見えてしまうのは、シミやシワといったエイジングによるものです。
そしてそのシミやシワは、細胞や組織を気づ漬ける活性酸素が原因で起こっています。

もともと人間には、この活性酸素に対する抗酸化力が備わっているのですが、年齢とともにその抗酸化力は衰えてしまいます。
そこで、食事や化粧品によって抗酸化力をもった成分を補うことで、美肌を保つことになるのです。

ビタミン「A・C・E」は、まさに抗酸化ビタミンの「エース」

抗酸化ビタミンと言えば、ビタミンA・C・Eが三大抗酸化ビタミンとして知られています。

ビタミンAは、野菜ですとニンジンなどの緑黄色野菜、それからレバーなどにも多く含まれています。

ビタミンCは、野菜に多く含まれていて、特にレンコンやカリフラワーに多く含まれています。

ビタミンEは、アボガドや胚芽などに多く含まれています。

これらビタミンA・C・Eを積極的に摂取することでお肌のエイジングを防ぐことができます。

エイジングにポリフェノールの力

ビタミンの他には、健康成分として知られるようになってきたポリフェノールも抗酸化作用をもった健康成分です。
一言でポリフェノールと言っても、いろいろな化学構造をもったものがあり、その種類は5000種類以上見つかっています。
代表的なものに、茶カテキン、大豆イソフラボンなどがあります。

野菜は温野菜で食べるのがオススメ

よく1日に必要な野菜の量は350gであるとか、1日に必要な野菜を摂るためには、こんなに野菜をたくさん摂らなければなりません。だからこのサプリメントを・・・といった中にはサプリメントを売りつけるための広告宣伝文句みたいなものもありますが、確かに1日に必要とされている350gの野菜の量をみると、毎日意識して野菜を食べている人ならともかく、普段あまり野菜を食べ慣れていない人や、いつも外食で単品の丼物やラーメンで済ませている人にとっては、かなり多い野菜量に見えるでしょう。

そこでオススメなのが温野菜です。
サラダなどで使う色の薄い野菜は、食物繊維が豊富に含まれていたり、ビタミンやミネラルが幅広く含まれていますが、ビタミンの含有量が少なめです。

それに比べて緑黄色野菜になるとビタミンが豊富に含まれています。

ニンジン、カボチャ、ホウレンソウといったビタミン豊富な野菜を加熱して温野菜にすると、効率よくビタミンを摂取することができます。
温野菜なので体を冷やすこともありません。

淡色野菜を200g、緑黄色野菜を100g、これにプラスするような形で温野菜のスープなどを加えると、体も温まって栄養もしっかりと摂ることができます。