2つのタイプの毛穴パック | 美容トピックス

毛穴パックは、毛穴の汚れや角栓を除去するためのものですが、2つに大きく分けることができます。
一つは剥がして取るタイプ、そしてもう一つが洗い流すタイプです。

剥がして取るタイプの毛穴パック

剥がして取るタイプの毛穴パックは、シートタイプのパックを濡らして毛穴が気になる場所に貼り、乾燥したら剥がします。
高い吸着性によって毛穴に詰まった汚れや角栓が根こそぎ取り除けます。
しかし、吸着性が高いので必要な肌表面の角質も取ってしまったり、油分や水分も除去してしまう可能性があります。

洗い流して取るタイプの毛穴パック

洗い流して取るタイプは、クレイパックが主流となっています。
クレイは大地の粘土層から取れる粘土を原料として作られたもので、クレイには吸着性の他に抗炎症作用や殺菌作用もあり、毛穴の汚れの除去に適しています。
気になる場所に塗って、乾いたら洗い流します。
洗い流して取るタイプの毛穴パックは、剥がして取るタイプの毛穴パックに比べて吸着性ということから言うと負担は少ないのですが、洗浄力が非常に強く、肌の水分や油分も一緒に洗い流してしまったりしますので、注意が必要です。

毛穴パックの使い方

毛穴パックは強い吸着力があるため、使いすぎると必要な角質層を剥がしてしまい、それに伴い潤いも失われてしまいます。
こうなると肌のターンオーバーも崩れてしまいます。

ターンオーバーの速度は28日~56日と言われていますが年齢や部位によって変わってきます。
毛穴パックの使用頻度は、ターンオーバーのサイクルに合わせると良いでしょう。
なぜならば、頻繁に毛穴パックをすることにより必要な角質層を剥がしてしまうからです。

パックはただ貼っておけば良いというものではない

毛穴パックは、ただ顔に貼っておけば良いというものではありません。
貼るタイミングや貼っておく時間など説明書や注意書きに示されたとおり正しい方法で使うようにします。
そうでないと肌に余計な負担がかかってしまったりします。

パックは長時間すれば効果が出るというものではありません。しっかりと注意書きを守るようにしましょう。

毛穴パックは、ケア後が大切

毛穴アックは、パックした後のケアが重要になってきます。
パックした後は、肌の角質が剥がれて傷ついたり、潤いが不足した状態になってきます。
従って毛穴パックを使った後は、速やかに保湿ケアをすることが大切です。

特に剥がし取るタイプの毛穴パックを使って毛穴の汚れや角質を落とした後は、毛穴が開いたままになっているので、保湿ケアをした後に保冷剤や氷をガーゼなどで包んでパックした部分を冷却するようにして毛穴を引き締めることが大切です。

毛穴パックが終わったら、速やかに化粧水や乳液や美容液などで保湿ケアを行います。