梅雨時から夏にかけて、紫外線が気になる季節、UV化粧品を使っている人も多いかと思います。

紫外線防止剤の2つのタイプ

太陽の紫外線から肌を守るUV化粧品には、紫外線防止剤が配合されていますが、紫外線防止剤には大きく分けると2つのタイプがあります。

それは、紫外線吸収剤紫外線散乱剤です。

 

紫外線吸収剤とは

紫外線吸収剤は、紫外線の有害物質を化学的あるいは物理的に吸収して、肌にその作用を及ばないようにするものです。
紫外線吸収剤の代表選手は、オキシベンゾンで、肌への安全性は高く、安全性を十分考慮した配合量にとどめて化粧品に配合されています。
オキシベンゾンの他には、アロエに含まれているアロインも、天然の紫外線吸収剤として知られています。

オキシベンゾン-1

別名はジヒドロキシベンゾフェノンとなり、サンバーンを起こすUVBを主に吸収します。

オキシベンソン-3

別名はオキシベンゾンで、UVA,UVBともに吸収し、サンバーン、サンタンを防ぎます。日焼け止め化粧品や口紅などに広く使用されています。

オキソベンゾン-4

別名はヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸。UVA、UVBの両方の波長に対して、紫外線を防御し、サンタンとサンバーンを抑えます。

オキソベンゾン-5

別名はヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸ナトリウム。UVA、UVBの両方のは波長から防御します。基礎化粧品や頭髪用化粧品、メイクアップ化粧品などに幅広く使用されています。

オキソベンゾン-6

別名はヒドロキシジメトキシベンゾフェノンです。UVB域とUVA域に吸収波長領域をもつ紫外線吸収剤で、サンバーンとサンタンの両方を抑える効果があります。

オキソベンゾン-9

別名はジヒドロキシジメトキシベンゾフェノンジスルホン酸ナトリウム。333nmに吸収極大をもつ紫外線吸収剤で、日焼け・日焼け止めローション、ファンデーション、クリームなどに用いられます。

紫外線散乱剤とは

紫外線散乱剤は、物理的に紫外線を反射・散乱させることによって、肌を有害な紫外線からの悪影響を防ぐものです。

紫外線散乱剤の原料としては、ファンデーションやおしろいなどの使われている着色顔料の酸化チタン酸化亜鉛酸化鉄などがあります。

可視光線を通過させ、より紫外線散乱の効果を高めるために、粒子を微細にする必要があります。
化粧品の中には、白く浮いて見えないように超微粒子を肌色に着色したり、旧退場の薄片状にしたり、光の反射を拡散する高度な表面所為を施したナノレベルの紫外線散乱剤が開発されてきています。