お風呂でゴシゴシは論外、湯船に入れば汚れは落ち | 美容トピックス

美肌を気にするばかりに、お風呂に入ったとき体の汚れをゴシゴシと一生懸命落としている人がいます。
ボディーソープをいっぱいつけて、ナイロン製のタオルで一生懸命ゴシゴシと体をこすって汚れを落としています。
特に忙しかったり、せっかちな性格だと、ろくにボディーソープを泡立てずにいきなりタオルでゴシゴシしている人もいます。

そんな人は、肌を傷めている可能性が高いので注意しましょう。

湯船に入るなら、ゴシゴシどころかボディーソープすら不要

ボディーソープすら不要って、なんて不潔なことを言っているんだろうと思うかもしれません。

もちろん、毛が多くある部分や汗をかきやすい部分は汚れやすいので、しっかりとボディーソープを使って洗うことが大切です。

でも、それ以外の部分であれば、もし湯船にしっかりと入るのであれば、ボディーソープを使わなくても体の汚れは落ちるものです。

もちろん、泥遊びをして体中泥だらけになっているというような場合は別でしょうが、普通に生活している中での体の汚れであれば、毛が多いところ、汗をよくかくところ以外は、ボディーソープを使わなくても十分なくらいなのです。

ボディーソープは多く使わなくても大丈夫

湯船に入ることで汚れがかなり落ちるので、ボディーソープを多くつける必要はありません。
汚れをきれいにしようと、ボディーソープを大量に使う人がいます。銭湯・風呂屋や温泉などに行くと、備え付けのボディーソープをどうせ値段は同じなんだから、ここぞとばかり多量に使ってやれという人もいるかもしれません。

しかし、洗浄力の高いボディーソープを多く使うと、ただ単に無駄というだけでなく、かえって肌の乾燥を引きおこしたり、アトピーの原因にもなってしまいます。

体をゴシゴシ洗っていた人へ注意

体をゴシゴシ洗うと、肌を傷めてしまいます。
特にナイロン製のタオルなどで体をこすることは、摩擦が大きくなり肌への刺激も多いので避けるようにしましょう。

ボディーソープを最小限にとどめ、あとは湯船で、なるべく肌に刺激を与えないようにするのが一番ですが、普段から体をゴシゴシ洗っていた人は、体が肌を守るとして角質を多く作る傾向にあります。
こうした人がいきなり、ボディーソープを極力使わずに湯船だけとすると、角質を多く作ってしまう体質はそんなに急に変わりませんので、作られ過ぎた角質が垢となってでてしまいます。

こうした場合は、徐々にボディーソープの量を減らしていくと良いでしょう。
まずはボディーソープカルボン酸系のものから、アミノ酸系にかえていくと良いでしょう。

ボディーソープは、泡立てネットみたいなもので泡立てて、泡をつくってから素手で撫でて洗い流すだけでOKなのです。