ワンランク上のサロン脱毛 | 美容トピックス

化粧のプロと言えば、サロンなどにいるエステティシャンです。
セレブな生活とか、自分へのご褒美というと、フィットネスクラブやサロンで1日ゆっくりと過ごし、心も体もリフレッシュして最高の気分、もちろんメイクのプロがプロの腕でより一層美しく見える化粧を施してくれます。

エステティシャンや美容師はしっかりと吟味を

エステティシャンやプロの美容師は、、コスメティックスやトイレタリー製品については、一般人が街中のスーパーの化粧品売り場やドラッグストアで買えるようなものとは異なったものを使っています。
ちょうど、処方箋薬が病院やクリニックから出された処方箋なしでは買えないのと似ているかもしれません。

パーマ液や脱毛剤など、プロの美容師やエステティシャンが使う美容液は、高濃度の有効成分が含まれていて、健康や安全面で注意が必要とされています。
逆に言うと、あまり経験がない腕がわるいエステティシャンにあたってしまうと、強い溶剤を間違って使われてしまい、肌を焼かれたり、髪を傷められたりといったトラブルになる可能性もあります。

だからこそ、エステティシャンは信頼がおけるところを探し、しっかりと吟味して選ぶようにしましょう。

サロンでの永久脱毛

サロンでは、脱毛やまつ毛のカラーリングなどを行ってくれます。
サロンでムダ毛を永久に脱毛する方法として行われているのが電気分解です。
永久脱毛の電気分解の方法としては、ニードルエピレーターと、ツィーザーエピレーターがよく知られています。

エピレーター(epilator)は、epilate(脱毛)から派生した言葉で、日本語訳にすると脱毛器になります。

ニードルエピレーター

ニードルエピレーターのニードルは針ですので、文字通り、細い針を使って行うものです。
細い針を毛幹にそって肌の奥深く、毛嚢までさしこんでいき、そこに針を通して微電流を流します。
針から流れてきた微電流によって毛根が死滅します。そして残ったムダ毛をピンセットで除去していきます。

ニードルエピレーターは使い方を誤ると、寒暖したり、感染症を引き起こしたり、一生消えない傷が残ったりしてしまうこともあるので、しっかりとしたエステティシャンを選ぶ必要があるでしょう。

またこの方法で腕や足への電気分解を行い脱毛しようとすると、費用もかなりかかりますし、何度も通う必要もあります。

たとえ全てのムダ毛を除去できたとしても、休眠中の毛嚢がある可能性もあり、そうすると次の成長サイクルの時に生えてくる可能性もあります。

ツィザーエピレーター

ツィザーエピレーターは、ハリのかわりに絶縁タイプのピンセットでムダ毛をつまみ、そこの電流を流していくことによって、毛幹を伝わって毛根へと流れた電流により、毛根が破壊されます。

電気分解の他にレーザーも

脱毛は、電気分解の他に、レーザーを使用する方法も研究されてきています。
肌に黒い染料をつけて、毛嚢まで浸透させ、その後、肌表面の染料を洗い流してからレーザー光線を当て、その熱で毛根を加熱し死滅させるという方法になります。