いつまでも、みずみずしい肌でいたいというのは、特に女性の永遠の課題といっていいかもしれません。
そして、巷には「保湿」をうたった多くの化粧品が販売されています。
そして、保湿のために、いろいろなオイルを塗ったりとスキンケアが行われています。

油分でしっかりフタは間違い?

すぐに肌が乾燥してカサカサしてしまう。みずみずしい肌を保つためにといろいろな保湿化粧品が売れています。
肌が乾燥するのは、肌の中にある水分が蒸発してしまうことにより、肌がかさついてしまうということで、肌の表面にオイルを塗ってフタをすることで、水分の蒸発を防げば、保湿できるということで、肌にフタをするためにオイルを塗る人がいます。

しかし、オイルはしっかりと考えなければ、逆効果、つまり肌のバリア機能を壊し、かえって肌の乾燥・カサツキをひどくしてしまうことがあります。
油分を補給しないと、肌が乾燥してしまい、肌の皮脂膜がうるおいを守っていると考えがちですが、肌にオイルを塗っても、肌のうるおいには関係ないばかりか、状態を悪化させてしまうこともあります。

なぜ油分でフタをしたのに、かさついてしまうのか

油分でフタをしたのに、なぜ肌が逆にかさついてしまうのか。
それは、フタをしたつもりになっていた油に問題があるのです。

その油が肌になじみの良いオイルということで、しかも、まんべんなくしっかりとフタをしようと過度に肌にぬってしまうと、そのオイルが肌に浸透していきます。
オイルは脂溶性成分で、それが肌の奥のほうへ浸透していくことにより、肌の保湿作用を担っているセラミドを主成分とした細胞間脂質のバランスが崩れてしまい、肌バリア機能がくずれてしまいます。

また油分が毛穴に入り込んでしまい、毛穴の入り口をフタすることはできず、毛穴の中で油が酸化を起こし、そこで炎症を起こしてしまうといったことも起こります。

肌がかさつかないためにはどうすればいいのか

乾燥肌に対して、皮膚科で良く使われるのがワセリンです。
ワセリンは、皮膚科で良く処方されるだけでなく、「化粧品を使わず美肌になる!」ということで本を出している宇都木龍一氏も、余計な化粧品は使わず、石けんとワセリンだけでOKというように、ワセリンを使うことを推奨しています。

ワセリンは石龍から得られる半固形の炭化水素類の混合物で、無色無臭で角質層に浸透せず、刺激も少ないため安心して使える皮膚保護剤です。
油分で肌にフタをするためには、角質から浸透していかない油であるということが大切です。