化粧品っていつまで使えるの? | 美容トピックス

食品にはほとんどのものに賞味期限あるいは消費期限があります。
医薬品も製品をみると使用期限が記載されていまs。

化粧品には使用期限が記載されていないものもある

医薬品に関しては、使用期限の記載があり、食品に関してもアイスクリームなどの特別なものを除けば賞味期限や消費期限が記載されています。

しかし化粧品は原則使用期限を製品に表示する義務はありません。
原則といったのは例外があるからで、化粧品で使用期限を表示しなければいけないものは、医薬品医療機器等法(旧薬事法)で規定されています。

使用期限を記載しなければいけない化粧品は次のとおりです。
「(1)アスコルビン酸、そのエステル若しくはそれらの塩類又は酵素を含有する化粧品」
「(2)(1)のほか、製造又は輸入後適切な保存条件のもとで3年以内に性状及び品質が変化するおそれのある化粧品」

未開封で3年以上使用できるものについては使用期限の表示をしなくていいことになっています。

つまり、上記以外の化粧品については、製品に使用期限を記載しなくても法的には問題ないことになっています。
メーカーによっては、義務ではないものの、使用期限をきちんと記載しているものもありますが、使用期限の記載のないものも多くあります。

製品に使用期限が記載されていない化粧品はいつまで使えるの?

製品に使用期限が記載されていないと、果たしていつまで使えるのだろうか?ということになりますが、未開封の状態で、きちんと直射日光の当たらない通常の涼しいところできちんと保管されていれば、3年間はだいたい安心して使えるといえます。

しかし、一度開封したものは、空気に触れていますので、すぐに品質が変わってしまうということはありませんが、化粧水や乳液ですと中将1ヵ月半から2ヵ月ぐらいで使いきるように設計されているものが多いでしょう。

食品や医薬品の場合もそうですが、使用期限や賞味期限というのは、きちんとした場所で適切な保存方法で保存していた未開封のものでの期限ということになりますので、開封した後は、なるべく早く召し上がったり、使用したりということになります。

よく風邪薬を買ってきて、使用期限が3年となっていて、半分ぐらい使用したがその後風邪をひかなかった場合、そのまま薬箱にしまわれ、1年後に風邪をひいたときに、その開封した風邪薬を服用するとなると、開封してから1年間も経っていることになるので、好ましくありません。

化粧品の使用期限は3年目安というけど、記載ないからわからないよ

確かに製品にきちんと使用期限を記載してくれている製品はいいのですが、製品に使用期限の記載がない製品は、3年っていつになったら製造してから3年になるのかわかりません。

化粧品には必ずロット番号(製造番号)を表示しなければいけなくなっています。
このロット番号をメーカーに連絡すれば、製造年月日がわかります。

どうしてもわからない場合は、メーカーに連絡をしロット番号を伝えることで、製造年月日を教えてもらうしかないでしょう。