歯が変色してしまう主な理由 | 美容トピックス

昔、「芸能人は歯が命」というキャッチフレーズがありましたが、常に人から見られる存在である芸能人の命が歯というぐらい、歯は美容にとって重要なパーツです。
歯は笑ったときに目立つ場所なので、歯に自信がないと、思いっきり笑ったりするのを躊躇してしまったりします。
ニコニコと笑っている口元から、白く綺麗な歯が見えると、それだけで清潔感が漂ったり、好感度がアップしたりするものです。

歯が変色するのはなぜ?
歯は黄色がかってきたりしますが、いったい何が原因なのでしょうか。

歯が黄ばむ原因

茶渋汚れや歯垢(プラーク)
よく言われるのがタバコのヤニですが、タバコの他にもコーヒーや紅茶等の飲料など食品によっても歯は着色します。
こうした歯を変色させるものの摂取量が増えれば増えるほど歯の表面にそれらの色素が沈着します。
これらは病的なものではありませんが、美容的には歯が汚れているように見えます。

歯石

歯石も歯が黄ばんでくる原因となります。
家での通常の歯ブラシでは取れませんので歯科に行き歯石を取ってもらうと良いでしょう。

虫歯

歯と歯ぐきの境目で、歯ぐきに近い部分が黄色というか茶色がかってみえてきている場合は、単に歯のまわりに歯石や汚れが付着しているという場合もありますが、虫歯の可能性もありますので、歯科に行くことをお勧めします。

歯周病

歯周病で歯の色が変わるの?と思う人もいるかもしれませんが、歯周病になると歯と歯ぐきの間の部分、歯の根元部分が黄ばんできます。
歯周病は、歯ぐきが後退し、本来歯ぐきに隠れていた歯の根の部分、つまりエナメル質でおおわれていない部分が露出してきます。
エナメル質でおおわれていない部分が露出してくると、そこの部分が黄色みがかって見えます。

加齢

残念ながら、加齢によっても歯は黄色くなってきます
歳を重ねていくと、歯の表面のエネメル質は透き通ってきて、その中にある象牙質の部分が透けて見えるようになってきます。
すると歯が黄色く見えるようになってきます。

歯は白濁することもある

歯の変色と言えば、黄ばみのほか虫歯により黒ずむということが考えられますが、歯が白濁してくる場合もあります。
歯が白濁してくるのは、フッ素を含んだ水に長い間接触してきたことが一つの原因として考えられます。
歯の内部から変色しているので、歯磨きをしても白く綺麗にはなりません。
また、虫歯の初期の段階でも白濁して、ちょうど光沢がなくなってチョークのような感じになり、やがて茶色~黒褐色へと変化していきます。