肌のシワは皮膚のハリと弾力がなくなってきて、たるみが生じてできてきます。


シワの初期には、角質層の保湿力の低下や皮膚の乾燥などの表皮の変化が原因となっています。


シワが進行していくと、真皮にまで影響が達するようになり、コラーゲンエラスチンが変性をきたし、肌の弾力性が低下してきて、深いシワの原因となっていきます。

シワは1つの原因だけでできるものではなく、さまざまな要素が複合的にかみ合ってできてきます。

シワの原因

シワができる原因にはいろいろあります。

加齢

加齢により肌の弾力低下・乾燥により肌の水分保持力が低下することでシワができてきます。

紫外線

紫外線を浴びすぎると、真皮のコラーゲン繊維の変性がおこり、コラーゲンの減少やコラーゲン同士の結びつきの増加などが起こってきます。
さらにエラスチン繊維の余分な増加が促進されてしまいます。
特に太陽光線にさらされる機会の多い顔や手などの部位は注意が必要で、逆に人間の顔と手にシワが多くみられるというのも、紫外線に対する露出が多いからともいえるでしょう。
若いからといって安心できません。
若いとき過度の日焼けなどをすることで、早期の肌の老化をまねくことにつながります。

皮膚表面の汚れ

皮膚の表面は皮脂の分泌によってすべすべとした滑らかさがたもたれていますが、皮脂は長時間経過すると酸化されて皮膚に悪影響を及ぼす過酸化脂質に変化していきます。
古い角質やファンデーションをつけっぱなしにするといったことは、皮膚の生理機能を阻害して、その結果肌の保湿力を低下させ、乾燥をまねきやすくしてしまい、シワの一因ともなります。
肌の表面をいつも清潔な状態に保っておくことも肌の衰えを防ぐ一つの方法です。

睡眠不足

睡眠不足をすると、肌がくすんだり、肌あれを起こしたりして化粧のりも悪くなります。
睡眠不足により肌細胞そのものも疲労し、ハリが失われ、それがやがてシワになっていってしまいます。

肌の新陳代謝が活発な時間帯は、午後10時から午前2時頃の間で、この時間を含む8時間きっちりと睡眠をとることが肌のためには理想的と言えます。

栄養不足

肌や髪はタンパク質からなっていますが、無理なダイエットをしたり、極端な偏食をしたりしていると、肌や髪に使われるべきタンパク質がエネルギー生成のほうへ回されて、その結果、タンパク質が不足して肌あれを引き起こす原因にもなります。

ストレス

ストレスや精神的疲労は、体の生理的バランスを乱してしまうことで、肌に悪影響を及ぼします。
いつもイライラしている神経質な人ほど早くシワが増えると言われているほどです。

雑なスキンケア

雑なスキンケアもシワをつくる原因になるので注意が必要です、
洗顔した後のすすぎ不足、体を洗ったりするときに肌を強くこすりすぎる、メイク落としをサボるといったことが肌への負担につながり、シワをつくる原因になってしまいます。