男性から高い位置でのポニーテールが圧倒的に支持される理由 | 美容トピックス

ポニーテールは、髪を一つに結んだもので、髪を留めるゴムさえあれば、短時間でサクッとセットができることから実用性もあり、またモテ髪の定番でもあります。

ポニーテールにすることで、長い髪の人でも、ショートヘアと同じように顔の輪郭やうなじを強調することもできます。

ポニーテールのバリエーション

一言でポニーテールといってもいろいろなバリエーションがあります。
髪を結ぶ位置、前髪の感じ、髪のまとめ方により全然印象が違ってきます。

たとえば、髪をまとめる位置によってもずいぶんと印象が変わってきます。

高い位置で結ぶと、若々しさや活動的なイメージがでてきますし、低い位置で結ぶと、大人の落ち着いた感じがでてきます。

サイドで結べばちょっと変わった感じのアンシンメトリックでカジュアルで可愛い印象になってきます。

ポニーテールの前髪も、すべて後ろで結んでしまうか、パッツンにするか、流した感じにするか、眉毛の上でカールさせるかなどいろいろなバリエーションにより雰囲気が違ってきます。

まとめ方も、タイトにまとめるか崩してまとめるかによっても違ってきます。

タイトにまとめると、すっきりと凛とした感じになりますし、崩すと垢ぬけて可愛らし感じになってきます。

タイトにするとより顔や頭の皮膚が上に引っ張られるのでつり目になりツンとした印象になりますし、崩すとそれがなくなるのでやさしい感じになってきます。

ポニーテールのゴールデンポイント

ポニーテールにはゴールデンポイントというものがあって、「あごと両耳の上を結んだラインの延長線上にある、頭のセンターラインと交わるところ」になります。

ゴールデンポイントで髪をまとめると顔や頭の皮膚が上に引っ張られるところから、顔立ちが若々しく感じられるのが特徴です。

このゴールデンポイントよりもまとめる位置が下にさがるとより大人の印象に、上にあがっていくと個性的な雰囲気に、サイドにいくとカジュアルな雰囲気になっていきます。

男性と女性によって違うポニーテールへの考え方

ポニーテールは男性ウケする髪型で人気が高いのですが、一言でポニーテールといっても、その結び目の位置だけでもいろいろあります。

大きく分けると、高め、中間、低め、サイドということになります。
この中で、圧倒的に男性からの指示が高いのが、高めの位置で結んだポニーテールです。

高めが圧倒的な支持があるのは、より若々しく見える、元気に見える、より普段とのギャップがでる、ポニテが揺れる範囲が広い、うなじがチラっと見えるといったころにあるのかもしれません。

男性には高い位置のポニーテールが圧倒的に支持されていますが、女性では、「高いポニーは勇気がなくてできない」、「無難なのは中間ぐらいの位置だよね」、「上司ウケ狙うんだったら絶対低めでしょ」といった意見がみられています。