肌の老化のことを考えると抗酸化成分は非常に重要になってきます。
抗酸化成分の中でもすぐれた抗酸化力をもつビタミンAは、目の健康にも深くかかわってくるビタミンですが、皮膚や粘膜のターンオーバーを正常に保ち、肌のバリア力を保つ働きがあります。
ビタミンAは、活性酸素の発生を抑えて取り除いていくことで、体の酸化を防止し、肌の老化もおさえます。

ビタミンAの種類

ビタミンAは、ビタミンA1であるレリノール、レチナール、レチノイン酸ビタミンA2である3-デヒドロレチノール、3-デヒドロレチナール、3-デヒドロレチノイン酸があり、その誘導体も含め総称してビタミンAと呼ばれています。

ビタミンAには、プロビタミンAと呼ばれるビタミンAの前駆体があり、緑黄色野菜に含まれているβ-カロテンは、ビタミンA前駆体の代表例で、摂取した後で体内に入りビタミンAに変換されます。

ビタミンAを意識して摂取する

ビタミンAは、脂溶性ビタミンですが、肝油、卵黄、バターといった動物性食品に多く含まれています。
脂溶性ビタミンですので、油脂に溶けやすく、酸素や光、熱、酸などに弱く壊れやすい性質となっています。
プロビタミンAの一つであるβ-カロテンは、熱や酸に比較的強く、レバー、うなぎ、緑黄色野菜などに多く含まれています。
β-カロテンは熱に強く脂溶性のため、脂質と一緒に摂取すると吸収率が高まるため、油で炒めるなどして調理すると良く、体内に入ってからビタミンAに変換されます。

ビタミンAを多く含む食材

    ビタミンAを多く含む食材には次のようなものがあります。

  • 肝油
  • 卵黄
  • レバー
  • バター
  • うなぎ
  • 緑黄色野菜
  • ホタルイカ
  • ぎんだら
  • あなご
  • フォアグラ
  • すじこ

β-カロテンを多く含む食材

    β-カロテンを多く含む食材には次のようなものがあります。

  • のり類
  • パセリ
  • とうがらし
  • 紫蘇
  • モロヘイヤ
  • わかめ
  • にんじん
  • パセリ
  • よもぎ
  • ほうれん草
  • 春菊
  • なずな
  • あんず
  • 豆苗
  • ニラ
  • 大根の葉
  • かぼちゃ

β-カロテン配合のオススメの健康食品

カロテンAナチュラルミックスは、株式会社ファンケルから出ているβ-カロテンとビタミンAに対して栄養機能表示がある栄養機能食品になっています。

主な成分としては、β-カロテン、ビタミンAの他に、β-カロテンと同じく体に入ってビタミンAに変換されるプロビタミンAであるα-カロテンとβ-クリプトキサンチン、さらには、ゼアキサンチン、リコピン、ルテインが配合されています。

プロビタミンAであるベータカロテン、アルファカロテン、ベータクリプトキサンチンは体内で必要に応じてビタミンAに変換されます。
ビタミンAは、夜間の視力の維持を助けるとともに、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

カロテンAナチュラルミックスでは、血液中や臓器に存在する6種類の主要カロテノイドが1粒で摂れ、カロテノイドの配合量に関しては、1日に必要な緑黄色野菜の目標摂取量(120g以上)の約2.5倍に相当するカロテノイドが補えるようになっています。
ンスよく補えるようになりました。