美容成分にはいろいろな成分がありますが、L-システイン・リコピン・アスタキサンチンについて簡単にご紹介します。

L-システインが美白に働く

L-システインは、たんぱく質を構成するアミノ酸で、皮膚代謝や肝臓の解毒作用に関与しています。
美容成分として知られるビタミンCとともに摂取することで、皮膚の色素沈着をもたらすメラニンの生成を抑えて、黒色メラニンを無色化することで美白に役立ちます。

L-システインは肌のターンオーバーを促して新しい細胞へ生まれ変わりを助けます。
すでにできてしまったシミ・くすみ・ニキビ痕の色素沈着などの排出も促進します。

L-システインは抗酸化作用のほかに体内のコラーゲン繊維の生成を助ける効果があることから、肌の弾力を高め肌老化を防ぐのに役立ちます。

L-システインには抗アレルギー作用もあることから、医薬品として湿疹やじんましん、薬疹に対しても使用されます。またアルコールを分解する酵素の働きを助けることから、二日酔いにも効果を発揮します。

L-システインを多く含む食品には、にんにく、玉ねぎ、ブロッコリー、小麦胚芽などがあります。

リコピンが脂肪燃焼を助け、抗酸化力を発揮

リコピンは、トマト、スイカ、あんずなどに豊富に含まれるカロテノイドの一種で、脂溶性の赤い色素です。
リコピンは、抗酸化作用が強い健康成分として知られていますが、美容に関しても有用な成分です。
強い抗酸化作用があり、摂取することでシミやシワ、肌荒れ、くすみなどの原因となる活性酸素を除去することで、透明感のある美肌の維持に役立ちます。
リコピンはメラニン生成を促す活性酸素を抑制し、チロシナーゼの働きを抑えます。
リコピンには、脂肪燃焼を促進する作用があることから、生活習慣病の予防・改善にも有用とされています。
さらに、血流を改善し血栓を予防する効果などの健康効果もあります。

アスタキサンチンが肌の老化に効果を発揮

アスタキサンチンは、鮭やエビ、カニ、いくらなどに豊富に含まれている天然のカロテノイドで、赤色の色素で優れた抗酸化作用を持っています。
鮭やエビ、カニ、いくらなどが赤いのはこのアスタキサンチンの色からきています。
メラニンの合成を抑制する作用もあることからシミ予防にも有用です、また紫外線による目のトラブルを予防する効果や、脳の衰えを防ぐ効果などの報告もあります。

アスタキサンチンは、悪玉コレステロールが酸化されるのを防ぎ、善玉コレステロールを増やすことから、脂質異常を防ぎ、血管の老化を抑制する働きもあります。